SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

DACと博報堂アイ・スタジオ、データで最適なクリエイティブ選定を実現するサービスの提供を開始

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(以下、DAC)と博報堂アイ・スタジオは、データ活用による最適なクリエイティブ選定を行い、広告体験を損なわずにエンゲージメントの最大化を目指す「Rich Creative Promotion Service(RCPS)」の提供を開始した。

 「RCPS」は広告体験を損なわず、データによる最適なクリエイティブ選定を行い、エンゲージメントの最大化を目指すサービスだ。具体的には、広告体験を意識したクリエイティブ制作から配信準備、配信、分析までをワンストップで提供し、独自指標を含めて配信データを活用しクリエイティブのPDCAを回す環境を提供する。これにより広告接触者の能動的な反応や関心度、クリエイティブデザイン改善などを行う。

 今回、「RCPS」における第1弾メニューとして「Rich Creative」を提供する。

 同サービスは、Googleが提供するツール「Display&Video 360(DV360)」と、ノーコードのHTML5コンテンツ作成ツール「Google Web Designer(GWD)」を活用。リッチクリエイティブフォーマットの制作から配信、GWDから取得できる独自指標を活用した分析環境を提供する。従来のディスプレイ配信と比較し、より広告接触者の反応を細かく可視化してデータドリブンにPDCAを回すことが期待できる。

 両社は今後、インタラクティブ性の高いフォーマットの提供や、APIを活用した1to1コミュニケーションが取れる広告配信、機械学習モデルを活用した分析や配信など、「RCPS」のサービスを拡大していく。

【関連記事】
DACが「DialogOne Connect」を提供開始 LINE公式アカウントのデータ活用を簡便化
博報堂DYHDとバイドゥ、DAC、戦略的パートナーシップを締結 ビッグデータを活用し越境ECを支援
博報堂DYMPとDAC、広告効果分析ツールの対応メディアにYahoo! JAPANとLINEを追加
アイレップ、博報堂アイ・スタジオと「SEOとWeb制作 らくらくおまとめパック」を提供開始
博報堂DYMPらが「イグニカサイネージサービス」を販売開始 決済アプリへの広告配信も可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/09/29 17:45 https://markezine.jp/article/detail/37401

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング