SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Z世代のYouTubeショート/Instagramリール利用率は6割超【サムライト調査】

 サムライトはZ世代を対象に「ショート動画(縦型短尺動画)」の利用状況に関する調査を実施した。

利用SNSのトップはYouTube

 日頃利用しているソーシャルメディアを尋ねたところ「YouTube」が82.8%でトップにランクイン。YouTubeと同じく動画プラットフォームである「TikTok」の利用率は34.4%だった。

YouTubeショート/Instagramリールの利用率は6割超

 YouTubeユーザー/Instagramユーザーに対し、ショート動画の利用状況を質問。「YouTubeショート(67.5%)」「Instagramリール(67.6%)」と、それぞれ6割以上のユーザーがショート動画機能を認識し、視聴経験があると回答した。

男性ユーザーにはエンタメ、女性ユーザーにはハウツー系のコンテンツが人気

 各プラットフォームにおいて、好んで視聴されている動画ジャンルのTOP5を見ると、YouTubeショート、Instagramリール、TikTokいずれでも、女性ユーザーは「ファッション・美容」「レシピ」など、ハウツー系のジャンルがランクイン。一方、男性ユーザーの結果では「コント・お笑い」「スゴ技」「ゲーム」などのエンタメジャンルに多くの票が集まった。

【クリック/タップで拡大】
【クリック/タップで拡大】

【調査概要】
方法:インターネット調査
期間:2021年8月~9月
対象:15~24歳の男性2,112名、女性2,163名

【関連記事】
29%が「支出増」と回答、20~30代の支出意欲が強まる【クロス・マーケティング調査】
コロナ収束後にセミナーへ参加したい人は32.5%、ウェビナー派を上回る【シャノン調査】
企業に魅力を感じる要因、「リアルで知った」が約7割【電通PR調査】
そのテレビ番組、1人で見ている? 複数で見ている?【TVISION調査】
1ヵ月間で最も視聴者数が多かったデジタルコンテンツは?【ニールセン調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/10/08 16:45 https://markezine.jp/article/detail/37477

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング