SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

SDGs関連の活動をする企業の93%が「活動を社内外に発信できていない」と回答【プルークス調査】

 動画マーケティングのコンサルティングを行うプルークスは、各社のSDGsへの取り組み並びに活動に関する発信状況に関して、従業員数が100名以上の一部顧客を対象に調査を実施した。

 まず自社でSDGs関連の活動の有無を調査した。「(活動を)している」と回答した企業は83%、「(活動を)していない」と回答した企業は17%という結果となった。SDGs関連の活動をしていない理由として、100%の企業が「リソース、コストを割くことができない」と回答した。

 次に自社のSDGs関連の活動は17項目のうちどれにあてはまるかを調査した。結果、「すべての人に健康と福祉を」の目標への活動が52.3%と最も多く、「働きがいも経済成長も(18.2%)」や「貧困をなくす(15.9%)」と続いた。昨今の健康経営への注目や、コロナ禍による社会貢献活動への企業の取り組みがうかがえる。

 SDGs活動を「している」と回答した企業に対し、社内外へSDGsの活動について発信できているかを調べた。結果、発信できていない企業は93%にのぼった。発信できていない企業の多くが、「社外へ発信できるほど取り組みが進捗していない」「リソースやコストを割くことができない」と回答した。

クリック/タップで拡大
(クリック/タップで拡大)

 またSDGs活動の発信ツールとして「動画を活用したい、どちらかというとしたい」と回答した企業は83%にのぼり、SDGs活動を動画で発信することに対して意欲的だった。SDGs活動の発信先として「自社サイト」を挙げた企業が25%と一番高く、YouTubeやSNSやデジタルメディアも発信先として選ばれやすいことがわかった。

クリック/タップで拡大
(クリック/タップで拡大)

 2020年よりもSDGs活動の発信への投資に力を入れると回答した企業は、44%であった。一方で発信する上での課題として「効果測定方法がわからない」と回答した企業は29.4%、「目標設定方法がわからない」「情報発信の体制が整っていない」と回答した企業は25.9%にのぼった。

クリック/タップで拡大
(クリック/タップで拡大)

【調査概要】
調査期間:2021年7月1日(木)~2021年8月15日(火)
調査方法:企業のSDGs関連担当者によるアンケート調査分析
調査対象:従業員数100名以上の規模の企業担当者
有効回答数:サンプル数83名

【関連記事】
約6割がSDGsに取り組む企業を「好ましく思う」 商品購入にも影響あり【NTTコム リサーチ調査】
ウェブサイト価値ランキング2021、ドコモが首位に/トヨタ自動車、ユニクロが続く【トライベック調査】
CCCマーケティング総研、小売業界の「産業天気予報」を発表 レシートデータと企業調査から作成
Z世代のYouTubeショート/Instagramリール利用率は6割超【サムライト調査】
29%が「支出増」と回答、20~30代の支出意欲が強まる【クロス・マーケティング調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/10/15 12:45 https://markezine.jp/article/detail/37505

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング