SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂、音楽コンテンツを活用したデータ起点マーケティング支援サービスを開始

 博報堂は、阪神コンテンツリンクのビルボード事業部のリソースをもとに、音楽コンテンツを活用したマーケティング支援サービス「Artist Watch Plus」の提供を開始する。

対応領域・サービス
対応領域・サービス

 同サービスは、Billboard JAPANが提供するチャートデータをもとにしたアーティスト分析に、博報堂・博報堂DYメディアパートナーズが運営するコンテンツビジネスラボのオリジナル調査「コンテンツファン消費行動調査」を掛け合わせたもの。

 音楽コンテンツを活用したい一般企業や音楽ビジネスプレーヤーを対象に、アーティスト、市場、生活者などのデータを起点とする多面的な分析を基にした、今までにない分析レポート作成を可能とした。

 同社は分析レポート提供のほか、アクティベーション企画や協賛イベント選定などのマーケティング支援、コンサルティングサービスを展開する。

【関連記事】
音楽トレンドを可視化、ヒット予測 ビルボードとNTTデータグループが分析サービスをトライアル提供開始
電通テックら4社、スマホにフィギュアを置くと音楽が流れる「TOY MUSIC」開発
博報堂、ブランドへの「共鳴と偏愛」を生みだすクリエイティブ開発チーム「MIDDLE8」発足
CCCマーケティング、中小企業向けのコンサルティングを開始 ソーシャルリスニングで生活者の声を分析
番組の露出効果を分析 阪神コンテンツリンクが楽曲チャートとテレビ関連データから新サービス提供へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/10/13 15:45 https://markezine.jp/article/detail/37513

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング