SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZine Day 2021 Autumn(PR)

電通×セプテーニが70社以上の協業実績を通して見えてきた、“真のオンオフ統合マーケティング論”

 ニューノーマル時代に入り、これまで以上にオフラインとデジタルで一貫性のあるコミュニケーション、いわゆる統合マーケティングの実践が重要となっている。「MarkeZine Day 2021 Autumn」で行われた電通の中野雅弘氏と、Septeni Japan(以下、セプテーニ)の若月裕子氏によるセッションでは、その実践のヒントとなる内容が語られた。オフラインに強みのある電通、デジタルに強みのあるセプテーニ双方の戦略プランナーが語る、“真のオンオフ統合マーケティング”を実践するためのノウハウとは?

広告業界の歴史がオンオフの分断を生んだ

 デジタル(オン)とオフライン(オフ)を統合したマーケティングの実践はいまや普通のことになっているが、本質的な意味でそれに向き合えているかと問われたらどうだろうか。

 「真のオンオフ統合マーケティング」というテーマが掲げられたこのセッションでは、2018年10月にアライアンスを発表後、約3年にわたって企業のオンオフ統合のマーケティング支援を行ってきた電通とセプテーニの協業実績を通して見えてきた内容が伝えられた。

 登壇者である電通の中野氏とセプテーニの若月氏も、日頃からクライアントに向き合う中で、真のオンオフ統合の実践に課題意識を持っているプランナーだ。協業後はそうした課題解決のため、定期的に両社のプランナーによる会を設け、事例の共有や実行面で何が必要かを議論しあっている。

 そこで議論を重ねる中で出た1つの見解が、「『オンオフ統合』を実現するのは『オンオフ統合』を意識しないこと」だったと冒頭で若月氏は話す。その答えは、協業を通して得られたリアルな声から結びついたそうだ。

 では、なぜ今オンオフ統合の必要性が取り上げられるのか。そこには「メディアの環境の変化、アプローチ手法の多様化、購買に至るまでのカスタマージャーニーの変化にともなってマーケティング手法が多様化・複雑化している背景が関係している」と中野氏は説明する。

株式会社電通 第3統合ソリューション局 シニア・ソリューション・ディレクター中野 雅弘氏
株式会社電通 第3統合ソリューション局 シニア・ソリューション・ディレクター 中野 雅弘氏

 そもそもオンオフ、つまりテレビとデジタルの分離は、広告業界の歴史が生んだ構造と言える。1950年代頃からテレビを中心に続いてきた広告環境は、1990年代頃にインターネットが登場したことで大きく変化し、デジタル専業の広告代理店の登場や広告主のデジタル担当の設置をもたらした。

 デジタルの広告市場はオフラインメディアと一線を画して成長し、双方の分断状態が続いたままメディア勢力図も変化していった。

 デジタルが広告費・接触時間でテレビを追い越す、テレビのリーチ力が昔ほど発揮できなくなるなど、時代とともにメディア環境が変わってきた。しかし、中野氏によれば「広告代理店あるいは広告主側における体制面、戦略設計の分断構造は変わらず今に至っている」のが実態だという。

分断構造がもたらす5つの問題

 この分断構造は、マーケティングに「戦略の分断」「コミュニケーション分断」「手法の分断」「評価の分断」「コミュニケーション・オペレーションコストの増大」といった問題を引き起こした。

 事業目標に対して総合代理店・専業代理店に領域が分かれていれば、ファネルの特定部分やそれぞれの得意領域に偏り、一気通貫した戦略設計が描けなくなる。そうなると、具体的なコミュニケーション設計に関しても分断したまま非効率な状態で進んでいく弊害も生じる。

 また、マーケティング手法を選ぶときも、代理店あるいは担当者間でテレビとデジタルの予算の引っ張り合いになってしまいニュートラルに手段が組めず、評価手法も異なることから、全体を通しての媒体効果が見えづらいという問題もある。広告主のオペレーションコストが大きくなるのも明らかだ。

 「分断構造は、生活者にも分断されたブランド体験を強いてしまっています。分断して対立したままでは、本質的なマーケティング活動はできません。事業成長という目的を最大化するために、オンオフの境界線を取り払った『オンオフ統合』のニーズが高まっているのではないでしょうか。今は本質的なマーケティングを行う転換期にあると考えています」(中野氏)

次のページ
「オンオフ統合を意識しない」ためにすべきこと

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZine Day 2021 Autumn連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

畑中 杏樹(ハタナカ アズキ)

フリーランスライター。広告・マーケティング系出版社の雑誌編集を経てフリーランスに。デジタルマーケティング、広告宣伝、SP分野を中心にWebや雑誌で執筆中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/10/28 12:09 https://markezine.jp/article/detail/37520

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング