SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Cookieレス時代のネット広告を考える~利用者保護とマーケティング成果を両立するために(PR)

Instagram広告の脱Cookie対応をいち早く進めたSparty。CAPI導入でCPA11%減

 Facebook JapanとともにポストCookie時代の広告・マーケティングについて理解を深めていく本連載。パーソナライズヘアケア「MEDULLA」を販売するSpartyは、プライバシーに配慮しながら広告配信をさらに最適化することを目指し、Meta(旧社名Facebook社)が開発した広告配信・最適化のソリューション「コンバージョンAPI(CAPI)」を導入。CPAが11%減少するなど、着実な成果が出た。本記事では、同社の坂口氏、導入を支援したCyberACEの杉山氏、そしてFacebook Japanの希代氏に取り組みの詳細をうかがった。

プライバシーに配慮した広告で、ブランドの世界観を届けたい

MarkeZine編集部(以下、MZ):はじめに今回のお取り組みの概要を教えてください。

希代:ご紹介するのは、Metaが開発した広告配信・最適化のソリューション「コンバージョンAPI(以下、CAPI)」をSpartyさんに導入いただいた事例です。

 昨今Cookie規制が話題になっていますが、Facebook/Instagram広告においてもデータに欠損が生じ、配信や計測に影響が出ると予想されています。そこでCAPIでは、広告主のサーバーに蓄積されたデータを、直接Metaサーバーへと連携する「サーバー to サーバー」という手法を使って、プライバシーに配慮しながら最適化を行います。

坂口:SpartyはパーソナライズとD2Cを軸に事業を展開している会社で、代表的な商品にはパーソナライズヘアケア「MEDULLA」や、パーソナライズスキンケアサポートブランド「HOTARU PERSONALIZED」などがあります。

 華やかな見た目が特徴でもあるブランドのため、画像や動画を用いて世界観を伝えることができるInstagramを重宝しています。実際に2018年にMEDULLAを発売開始してから、顧客数の成長に最も貢献してきた広告はFacebook/Instagramでした。

Facebook/Instagramに掲載しているクリエイティブの例
Facebook/Instagramに掲載しているクリエイティブの例

 そのためCookie規制でどのような影響が出るのか不安がありましたが、CAPIを導入し良い数値が出たことで、見通しが立ち安心しているところです。導入の提案・支援は、CyberACEの杉山さんを中心にご担当いただきました。

杉山:今回、CAPIとWebピクセルを併用した広告配信のパフォーマンスは、Webピクセルのみを活用した場合と比べて、CPAがマイナス11%、コンバージョン件数送付量は13%増加CPMがマイナス23%の結果となりました。

MZ:ありがとうございます。本記事では、Spartyさんが導入を決定した背景や実装作業のポイント、高い結果が出た理由について、詳しくおうかがいしていきます。

(左)Sparty Online Division Sales Section Chief 坂口 光氏(中央)CyberACE インフィードコンサルティング局 FacebookG マネージャー 杉山 尚徳氏(右)Facebook Japan クライアントパートナー 希代翔氏
(左)Sparty Online Division Sales Section Chief 坂口 光氏
(中央)CyberACE インフィードコンサルティング局 FacebookG マネージャー 杉山 尚徳氏
(右)Facebook Japan クライアントパートナー 希代 翔氏

獲得系の広告主にはCAPI導入を“特に強く推奨”

MZ:改めて、SpartyさんがCAPIの導入前に持っていた懸念について教えていただけますか。

坂口:何が起こるかはっきりわからないという点が一番心配でした。これまでの経験からも、最適化の有無で効果がかなり変わることを実感していたので、それがなくなってしまうとするとどうなるか、不安がありました。

 しかし先に申し上げた通り、これまでInstagramの広告で事業を伸ばしてきたため、考えられる対策はすべてやっていきたいと思っていたんです。そのようなときに、CyberACEさんからCAPIの導入を勧めていただきました。

杉山:坂口さんがおっしゃるように、Cookie規制がどのような影響を及ぼすのかはっきりと見えていないため、中長期的な投資にあたるCAPIの導入という意思決定に二の足を踏んでしまう、という声は少なくありません。ですが、Cookieをベースとしたデータの連携に欠損が発生することは確実で、既に影響が出始めていることを弊社でも確認しているため、特に獲得系の用途で広告配信しているクライアント様には導入を強くお勧めしている状況です

希代:この「サーバー間でデータを連携して、広告の最適化を進める」というアプローチは3年ほど前から進めていて、すでに様々な事例で効果が確認できています。そのため弊社としても、「早急にやりましょう」とこれまで以上に強く推奨するようになりました。

 今回のSpartyさんとCyberACEさんとのお取り組みは、高いパフォーマンスが出たことに加え、導入もスムーズに進んだ理想的なケースでした。2つのポイントがあったと考えており、それぞれご紹介したいと思います。

次のページ
Spartyに学ぶ、CAPIをスムーズに実装するポイント

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
Cookieレス時代のネット広告を考える~利用者保護とマーケティング成果を両立するために連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/11/24 12:00 https://markezine.jp/article/detail/37530

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング