SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Cookieレス時代のネット広告を考える~利用者保護とマーケティング成果を両立するために(PR)

Instagram広告の脱Cookie対応をいち早く進めたSparty。CAPI導入でCPA11%減

CAPIがファーストパーティデータ活用の強い味方になる

MZ:ここまで、取り組みの様子と成果についてうかがいました。今後の展開として想定していることはありますか。

坂口:CAPIは自由度が高いソリューションなので、試してみたいことがたくさんあります。たとえば継続回数が多いお客様のデータを活用して最適化していくなど、これまではできなかったような視点で、成果を高めていくこともできると思います。ブランド横断での最適化も実現できたら、さらに理想的ですね。

希代:D2C業界のお客様は新しいことに積極的に取り組んでくださることが多いのですが、中でもSpartyさんにはいつも前向きにご検討いただき、アクションも非常にスピーディーです。今もCyberACEさんと一緒に、Cookieレス時代における弊社の新しいプロダクトをご提案しているところです。

MZ:ありがとうございます。最後にCookieレス時代における広告活用のポイント、対応を進めている広告主企業へのメッセージをお願いいたします。

坂口:新規獲得に大きく貢献しているFacebook/Instagram広告に変化が生じるということで不安がありましたが、先んじて対応に投資したことで、今後の見通しが立ちました。CAPIが今後のWeb計測の主軸となっていくと実感しています。

杉山:Cookieレス化が進む中、ファーストパーティデータをいかに活用できるかが、企業の競争力を左右するようになっています。CAPIの導入もその一つです。弊社の支援の強みは、マーケティングチームとエンジニアチームの間のコミュニケーションが円滑に進む体制を整えていることと、導入数も国内ではトップレベルの実績を有しており、ナレッジが蓄積されていることです。さらに、ファーストパーティデータをハブにした、Facebookを含めた各チャネルの活用方針の策定、KPI設計もお手伝いできるようなチームが編成されています。

 ファーストパーティデータ活用に向けて重要なのは、広告主、媒体、代理店の三者がより距離感を近くして、対応を進めていくことだと考えています。そのような価値が提供できるパートナーでありたいと思います。

希代:利用者、広告主の皆様が安心してご利用いただけるよう準備が整っています。特にCAPIはカスタマイズ性の高さから、クライアント様の状況に合わせて導入いただけます。プライバシーへの配慮をしながら、引き続きFacebook/Instagram広告をご活用いただければ幸いです。

 別の視点では、D2C業界の皆様により高い価値を提供する広告プロダクトに進化すべく、開発を強化しているところです。現在はトライアルCPAという初回購入のパフォーマンスをご評価いただくことが多いのですが、さらにF2転換率(初回購入をした顧客がどれだけの割合で2回目の購入に至ったかを表す指標)と呼ばれるリピートの領域の強化も進めています。より幅広い用途でFacebook/Instagram広告を役立てていただけるようになると嬉しいですね。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
Cookieレス時代のネット広告を考える~利用者保護とマーケティング成果を両立するために連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/11/24 12:00 https://markezine.jp/article/detail/37530

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング