SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

モバゲーの高性能フレームワークをオープンソース化した「モバシフ」公開

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は、「モバゲータウン」や「モバオク」などで使用しているフレームワークをオープンソース化した「MobaSiF(モバシフ)」を5月22日に公開した。

 「MobaSiF」は「Mobile Simple Framework」の略称。DeNAが開発した携帯向けサービス用のフレームワークの一部を提供するもので、Linux上で動作する。このフレームワークで利用できるのは、キャリアや端末の種類、端末IDの検知、キャリア相互の絵文字変換の機能のほか、テンプレートエンジンやMVCコントローラといった機能。公開URLはhttp://sourceforge.jp/projects/moba/。利用料は無料となっている。

 MobaSiFは、「モバゲータウン」の日記10件の表示速度を、他のオープンソースソフトウェアと比較したところ、約22倍の速度が計測されるなど高速性と安定性を備えている。DeNAは今後、「DeNA技師のメモ」と題したブログなどを通じて、最新情報の配信を行っていく。

【関連記事】
Six Apart、ブログツール「Movable Type」をオープンソースに
ロックオン、オープンソースのECパッケージ「EC-CUBE 2.0」をリリース
モバゲータウン会員が1000万人突破、10代と20代のユーザーがほぼ同数に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/05/23 10:55 https://markezine.jp/article/detail/3754

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング