SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂と三井物産が「Earth hacks」の実証実験を開始 脱炭素関連の情報発信や商品開発へ

 博報堂の新規事業開発組織「ミライの事業室」と三井物産は、脱炭素社会を推進する共創型プラットフォーム「Earth hacks」の実証実験を共同で開始する。

 同プラットフォームでは、博報堂グループの生活者視点やクリエイティビティと、三井物産の脱炭素ソリューションや国内外のネットワークを融合。脱炭素に関心がある生活者に「自身の生活にも取り入れたい」と思えるライフスタイルやエシカルな商品の情報を提供するほか、生活者の声に基づき脱炭素関連の商品・サービス・事業の開発を行っていく。

 第1弾として、楽しくサステナブルに生きるためのヒントや、様々な行動の「新しい選択肢」となる“衣食住”に関するライフスタイル情報を発信。パートナー企業とも連携しながら、生活者の脱炭素につながる行動を促す。

【関連記事】
小売・メーカーの販促など支援 博報堂グループ9社が「ショッパーマーケティング・イニシアティブ」を発足
脱炭素への関心度合いは約6割/「ポイント付与」や「貢献度合いの明示」が行動喚起に【博報堂調査】
プレイドと三井物産、新会社「.me」を設立 データを活用したブランド開発やメーカーのDX推進を支援
博報堂と三井物産、渋谷エリアの市民共創まちづくりサービスの本格なテスト運用開始
SDGs関連の活動をする企業の93%が「活動を社内外に発信できていない」と回答【プルークス調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/11/09 12:30 https://markezine.jp/article/detail/37730

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング