SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂、「Better Co-Beingプロジェクト」にてウェルビーイングを診断する指標を開発

 博報堂の「Better Co-Beingプロジェクト」は、ウェルビーイング分野での研究や事業創造に活用する診断指標「生活者ウェルビーイング21因子」を開発した。

 同プロジェクトは、慶應義塾義塾大学医学部の宮田裕章教授とともに推進しているもので、社会全体のウェルビーイングを実現するための研究活動や実証実験に取り組んでいる。

 今回開発した「生活者ウェルビーイング21因子」は、生活者一人ひとりのウェルビーイングの傾向や状態を客観的に数値で可視化・分類できる指標だ。生活者のウェルビーイングを形作っているものを、21の基礎的な項目で表した。

【関連記事】
博報堂と三井物産が「Earth hacks」の実証実験を開始 脱炭素関連の情報発信や商品開発へ
小売・メーカーの販促など支援 博報堂グループ9社が「ショッパーマーケティング・イニシアティブ」を発足
脱炭素への関心度合いは約6割/「ポイント付与」や「貢献度合いの明示」が行動喚起に【博報堂調査】
博報堂、音楽コンテンツを活用したデータ起点マーケティング支援サービスを開始
博報堂プロダクツら10社、SI開発専門組織「博報堂プロダクツテクノロジーズ東北」設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/11/11 07:00 https://markezine.jp/article/detail/37748

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング