SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ビービット、海外展開の加速と拠点拡大を目指し 業務執行体制を変更

 ビービットは、コンサルティングサービスとSaaSサービスを融合させたソリューション事業の海外展開加速を目的として、上海子会社並びに台湾子会社総経理を務めるJason Ting-Wen Chen(以下、Jason Chen)氏が専務執行役員(グローバル担当)に就任し、代表取締役 遠藤 直紀氏、取締役副社長 中島 克彦を中心とした業務執行体制から、3名による業務執行体制に1月1日付で移行したことを発表した。

 同社は日本国内のクライアント企業に対し、UX(ユーザーエクスペリエンス)コンサルティングサービス(以下、UXコンサルティング)および、企業内におけるUX企画・立案を支援するSaaSサービス「USERGRAM(ユーザグラム)」を提供。UXコンサルティングとUSERGRAMを組み合わせたソリューションを提供し、UX起点のDX実現を支援している。

 一方、中華圏においては、日系企業だけではなく現地企業を含むクライアント企業に対しUXコンサルティングを展開。Jason Chen氏のリーダーシップにより継続的な成長を遂げている。

 2022年度からは中華圏でのサービスを成長させてきた経験を活用し、さらなる海外展開の加速と拠点拡大を進める。

Jason Ting-Wen Chen(ジェイソン・ティンウェン・チェン)氏
株式会社ビービット 専務執行役員
上海子会社「倍比拓管理咨詢(上海)有限公司」総経理
台湾子会社「微拓股份有限公司」総経理
ブーズ・アレン・ハミルトン(現Strategy&)において台湾および香港でのコンサルティング業務を経験後、米国シカゴ大学Booth School of BusinessにてMBA取得。その後、ローランド・ベルガー上海にてプロジェクトマネージャーとして、中国、東南アジア、ヨーロッパ圏の大手企業の成長戦略立案、デューデリジェンス、業務改善プロジェクト等に従事。2012年、ビービットに参画。

【関連記事】
SBテクノロジー、エグゼクティブ・アドバイザーとして顧問に澤円氏が就任
日本酒事業を運営するClearの社外取締役に元エルメスパリ本社副社長 齋藤峰明氏が就任
Pinterest、日本のカントリーマネージャーに成田敬氏が就任
アンカー・ジャパンの代表取締役CEOに猿渡歩氏が就任 日本市場のマーケティングをけん引
HubSpot日本法人の代表に元Google・廣田達樹氏が就任 日本法人の組織拡大、事業拡大を目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/01/05 13:30 https://markezine.jp/article/detail/38084

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング