SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2021年12月のテレビCM放送、リクルートグループがTOP3を独占【ゼータ・ブリッジ調査】

 ゼータ・ブリッジは2021年12月度に全国地上波25局、BS放送6局で放送されたテレビCMの放送回数を調査した。

リクルートグループがTOP3を独占

 商品別ランキングでは、1位リクルートホールディングス「リクルートダイレクトスカウト」、2位Indeed Japan「Indeed」、3位にリクルートホールディングス「Airワーク」とリクルートグループが上位3位を占める結果となった。

 リクルートグループは上位3位だけではなく、7位にもリクルートホールディングス「スーモ」がランクイン。ランキング20位の中で4サービスがランキング入りし、放送回数はランキングトップ20の総計57,079回のうち、約3割にあたる16,844回となった。

 また12月度ということもあり、年末らしいCMが見られた。該当するCMは、9位日本宝くじ協会「年末ジャンボ宝くじ/年末ジャンボミニ」、10位アマゾンジャパン「Amazonプライムビデオ」、16位スポティファイジャパン「Spotify」、20位さとふる「ふるさと納税 さとふる」があった。

エリア別でもリクルートグループの存在が際立つ

 エリア別ランキングでもリクルートグループの存在が際立つ結果となり、各エリアで複数サービスがランクインしていた。

【調査概要】
期間:2021月12月1日~12月31日
対象:番組宣伝を除いた全国地上波25局、BS放送6局のテレビCM
方法:動画認識エンジンを活用したテレビCM自動認識システムにて取得した放送履歴情報を基に調査

【関連記事】
11月のテレビCM放送回数1位は「NURO光」/エリア別では地元企業が躍進【ゼータ・ブリッジ調査】
10月度のテレビCM放送回数、トップは商品別/エリア別ともに「NURO光」【ゼータ・ブリッジ調査】
2020年度下半期テレビCM、放送回数が増加したカテゴリー1位は「AV機器」【ゼータ・ブリッジ調査】
テレシー 、取締役CMOに電通の村井陽介氏が就任
J-WAVE、ラジオCMとデジタルプロモーションを組み合わせたクライアント向けのプランをリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/01/14 17:00 https://markezine.jp/article/detail/38108

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング