SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オイシックス・ラ・大地、細胞培養スタートアップに投資 フードテック領域のエコシステム構築目指す

 オイシックス・ラ・大地の投資子会社Future Food Fundが運営するフードイノベーション領域に特化したCVCファンド「Future Food Fund 1号」は、安価で安全な培養肉生産を目指すスタートアップであるインテグリカルチャーに投資を行った。

 今回の投資を通じて、環境負荷低減や持続可能な⾷として期待される細胞培養技術の進化及びマーケット創出に向けたサポートを進める。

 インテグリカルチャーは独自開発の細胞培養技術を通じて持続可能で多様性のある未来の創出を目指し事業展開を行っている。安価で安全な培養肉生産を可能とする細胞農業プラットフォーム「CulNet System」開発。企業向けに提供する他、培養肉の副産物である細胞培養上清液を化粧品用途に応用し、スキンケア化粧品原料の開発等に取り組んでいる。

 また、「CulNet System」を活用した培養フォアグラの生産開発にも取り組んでおり、レストランでの販売に向け計画を進行中。同社の技術が普及することにより、食糧不足への対応や畜産業による環境への負荷低減が期待される。

 また、同投資により、Future Food Fund1号の累計投資額は7.8億円、投資先は13社となった。エコシステムの事例として共同商品開発や販売支援等が進み、フードテック・ニューフード領域の活性化に繋がっている。Future Food Fundは今後もフードテック領域への投資を進めると共に、2号ファンドの立ち上げも視野に更なるエコシステム構築を目指す。

【関連記事】
オイシックス・ラ・大地、サブスク特化型のオフラインプロモーションを支援する「スペアド」を開始
オイシックス・ラ・大地、食品ロス解決商品の販売を開始 3年以内に20億円超のマーケット目指す
オイシックス、フードテック専門の投資部門を設立~EC活用したテストマーケティングの支援なども
心身ともにサステナブルな健康の推進へ ユーグレナがサウナプロジェクトを発足
ヤフー、SDGsをテーマに社会課題をわかりやすく伝える「Yahoo! JAPAN SDGs」を公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/01/20 15:30 https://markezine.jp/article/detail/38170

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング