SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

コロナに負けないブランドの作り方

コロナも震災も。逆風を追い風に変える「ケンズカフェ東京」流、環境変化に負けないブランドの作り方

 ふるわなかったイタリアンレストランからガトーショコラ1商品だけを販売するガトーショコラ専門店に業態を変え、年商3億円を達成。食べログのチョコレートカテゴリーで8年連続首位をキープ、ファミリーマートのスイーツ監修も7年目を迎えるなど、唯一無二のチョコレートブランドとしてその地位を確立し、好調を続ける「ケンズカフェ東京」。連載最終回の今回は、そんなケンズカフェ東京がコロナ禍をどう迎え撃ったのか、そもそも環境変化に中小企業はどう備えるべきなのか、その秘訣を聞きました。

環境変化を止められる人はいない

 新型コロナウイルス感染症の世界的な流行も3年目に突入。100年に1度あるかないかの非常事態が今なお続き、世界経済にとって深刻な打撃となっています。

 当然ながら、ケンズカフェ東京にとっても他人ごとではなく、法人の接待時における手土産需要が減少するなど影響を受けました。しかし、その後は巣篭もり需要を追い風に順調に回復。このまま売上が落ちたらネット通販を再開するしかないと思っていましたが、再開することなく以前の売上規模まで復調しています。さらに昨年秋、新しいビジネスに参入しました。詳しくは後述しますが、今大きなチャレンジを始めたところです。

 世界中が翻弄されている新型コロナウイルスですが、そもそも環境変化はいつの時代もありました。大地震や異常気象、世界経済や為替の影響、政情不安など、中身は様々ですが、およそ無風のままビジネスを続けられるなんてことは、いつの時代もありません。

 ですからブランドを確立するには、感染症であろうがなんであろうが今後も起こる変化の波を乗り越えられる「強くしなやかなブランド」を作るという視点が大切です。

どんな変化も乗り越えるブランドを作るには?

 では、それはどうしたら実現できるのか? 私はターゲットを明確にすることにその鍵があると思っています。

 日頃から、「自社商品を通じて、どんなお客様にハッピーになってもらいたいのか」を具体的にイメージしておくのです。

 私がこのことに気づけたのは、11年前の東日本大震災のときの経験からです。

 当時ケンズカフェ東京は、人気に火が点き始めたガトーショコラをさらに多くの人に届けようと、ネット通販を開始。順調に拡大し、売上の7割を通販が占めていた頃でした。そんなときに起きた大震災。物流が止まり全国にガトーショコラを送れなくなったことがありました。

 ところが、震災の翌日、関西方面のお客様から「まだ届かないけどどうしてくれるの!」とお怒りの電話が。日本中が混乱している中、このようなクレームが入ること自体が驚きでした。物流が止まって送れないことを説明したのですが、納得していただけない。このとき注文を受けていた他のお客様は、遅れても構いませんとおっしゃる方ばかりだったのですが、中にはこういう方もいらっしゃる。いつでもどこでも買い物ができるネット通販は素晴らしいシステムですが、この時、顔の見えない相手との商売の怖さを、身をもって感じました。

 これが、私がネット通販をやめた大きな理由です。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
大切な商品を、安売りしない

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
コロナに負けないブランドの作り方連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

氏家 健治(ウジイエ ケンジ)

ケンズカフェ東京 オーナーシェフ1998年に東京・新宿御苑前にイタリアンレストラン「ケンズカフェ」を開店。経営危機に直面しながらも、ガトーショコラのみの販売に転換。品質の高さを追求したガトーショコラと取捨選択を極めた経営戦略で業績をV字回復させる。2015年のファミリーマートとのコラボレーションを皮...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/02/03 08:00 https://markezine.jp/article/detail/38213

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング