SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

リチカ式・成果の出る動画広告(PR)

【3社の検証事例を公開】広告で成果が出ない時、脱出の近道は「運用型クリエイティブ」にある!

 デジタル広告の運用は変数が多いために、なぜ成果が出ないのか、どこに問題があるのか、手探りの状態で日々運用にあたっているマーケターがほとんどだろう。そんな中、クリエイティブ×テクノロジーの力で企業のデジタルマーケティングを支援するリチカは、「クリエイティブこそが運用型広告の重要項目である」として、運用型クリエイティブのナレッジを広く企業に展開している。なぜクリエイティブ運用が必要なのか、各社どのようにクリエイティブの検証・改善を行っているのか。リチカ CMOの田岡氏に話をうかがった。

運用型広告の重要項目は、ターゲティングから“クリエイティブ”へ

 デジタル広告を取り巻く環境は、小さなアップデートを重ねるように日々変化してきた。マーケターにとっては、仕様やルールの変更、新しい機能や広告メニューのリリースなど、一つひとつの変化に対応し続ける日々である。しかし、数年単位で振り返ると、大きなルールチェンジがひとつ起きている。「クリエイティブ」の重要性が格段に上がっているということだ。

 Cookie規制の影響により、ターゲティングでこれまで通りデータを活用できなくなってきた。また、広告配信プラットフォームの機械学習による自動最適化が進み、数年前と比較すると配信の精度は非常に高くなっている。つまり、これまでデジタル広告の運用において重要な要素だった運用それ自体では、成果に差が出にくくなってきているのだ。

株式会社リチカ CMO 田岡凌氏
株式会社リチカ CMO 田岡凌氏

 クリエイティブ×テクノロジーの力で企業の広告コミュニケーションをサポートするリチカのCMO 田岡氏は、こうした現状について次のように話す。

 「デジタル広告には多くの変数があり、さらにその変数を決める仕組みすら変化していきます。マーケターの皆さんは、手探り状態の中でも何とか成果を出そうと日々尽力されているでしょう。ですが、ユーザーが必ず目にするのはクリエイティブであり、ユーザーに情報を届けるのもまたクリエイティブであるという事実が変わることはありません。よって、クリエイティブを磨き続けるということは、デジタル広告の運用において最も重要であり、変数が多い中でも中長期的に改善していける指針になりうるのです」(田岡氏)

意外とできていない。クリエイティブ制作における3つのポイント

 リチカは、運用型クリエイティブクラウド「リチカ クラウドスタジオ」の提供を軸に、企業のデジタルマーケティングを支援。ヤフーやFacebookなどの広告配信プラットフォームとパートナー契約を結び、それぞれのプラットフォームにおける最適なクリエイティブについての研究も行っている。

 実に400社以上のデジタルマーケティングを支援する同社が、これからのデジタル広告に欠かせないものとして提唱しているのが「運用型クリエイティブ」という考え方だ。これは一言でいうと、デジタル広告を運用する際「クリエイティブの運用」をその主軸に据える、というもの。なぜなら、前述のとおり、広告成果に最も影響を与えるのはクリエイティブであるからだ。

 運用型クリエイティブを実践するにあたり、前提として企業に求められる要素として、田岡氏が挙げたのは次の3つ。基本的なポイントにも思えるが、3つともしっかりできている企業は多くないそうだ。

【1】動画+静止画:静止画と動画の両方を配信・運用することが大切。Facebook(Instagram)やヤフーをはじめとするプラットフォームでも、より精度の高い広告配信を実現するために、静止画と動画の両方を配信することが推奨されている。

【2】配信面にあわせた最適化:広告の配信面によって成果の出るクリエイティブ、特に構成、デザイン、サイズなどが大きく異なることは、すでにデータで検証されている。配信面によってクリエイティブの最適化が必要であるが、実際この最適化は全く進んでいないのが現状である。

【3】運用:何度も改善をしながら成果を高めていくというのは、デジタルマーケティングの基本の考え方。その中でも上流のメッセージ整理が肝。クリエイティブの運用においては、メッセージの要素と変数を絞りながら細かく検証を重ねて、勝ちクリエイティブを見つけていくのがセオリー。

次のページ
【3社事例】クリエイティブ運用って、具体的にどうやるの?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
リチカ式・成果の出る動画広告連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/03/14 12:00 https://markezine.jp/article/detail/38264

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング