SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

リチカ式・成果の出る動画広告

最適な配信面の選び方やストーリー構成を徹底解説!3ステップで作る動画クリエイティブ

 デジタル広告において活用が進んでいる動画。自社に制作ノウハウがなく、「取り組みたくても何から始めてよいかわからない」「動画広告に取り組んでいるものの、なかなか成果につながらない」と悩む人は多いのではないでしょうか。本連載は、そんな企業の動画にまつわる悩みを聞き、解決に寄り添ってきたリチカのCMO・田岡氏が執筆。動画広告における適切なメッセージングと、それに基づくストーリーの組み立て方を、再現性の高いフレームワークとともに提示します。最終回のテーマは「フレームワークで作る動画広告の実践編」です。成果につながる動画広告の制作方法を解説します。

動画広告で運用型クリエイティブを実現するための3ステップ

 第1回第2回では、デジタル広告を取り巻く環境の変化や、動画広告を作るために押さえておきたい7つのポイントについて触れてきました。最終回となる本記事では、いよいよ実践編に入ります。

 継続的にクリエイティブを量産し、検証・改善を重ねていく「運用型クリエイティブ」の重要性は第2回で述べた通りです。今回は、動画広告で運用型クリエイティブを実現するための3つのステップをご紹介します。

ステップ1.目的・メッセージを整理する

 動画の具体的な内容を検討する前に、まずはメッセージの整理から取り掛かります。「先に配信面を選定すべきでは?」と思われるかもしれませんが、目的やターゲットが決まらない限り、最適な配信面は決まりません

 メッセージは具体的に、以下のような要素を含みます。

ターゲット…商品・サービスが対象とする「顧客」は誰か?

ペインポイント…その顧客はどんな「困りごと」を抱えているか?

共通メリット…自社でも競合でも提供できる「メリット」は何か?

独自メリット…自社でしか提供できない「メリット」は何か?

アクション…対象顧客にしてほしい「行動」は何か?

 特に重要なのが、第2回でも触れた「ターゲット」と「ペインポイント」の定義です。商品・サービスが対象とする「顧客」は誰なのか、その顧客はどんな困りごとを抱えているのか。この定義が間違っている、もしくはそもそも存在しない場合、どれだけクオリティの高いクリエイティブを作ったとしても、成果にはうまくつながりません。

 ターゲットとペインポイントを定めるためのアプローチとして、カスタマーサクセス、コールセンター、セールスなどへのヒアリングをお薦めします。顧客に直接ヒアリングをするのももちろんよいですが、普段から顧客と近い接点を持っているチームを巻き込み、顧客の生の声を集めて顕在化したペインポイントを見つけましょう。同時に、顧客がまだ気づいていない潜在的なペインポイントについても仮説を立てることが大切です。

独自メリットこそが差別化ポイント

 また、顧客が抱える困りごとを解決する商品・サービスの「メリット」も整理しましょう。この時に意識するとよいのは、そのメリットが自社でも競合でも提供可能な「共通メリット」なのか、自社でしか提供できない「独自メリット」なのかという点です。商品・サービスにとっては独自メリットこそが差別化のポイントとなるため、共通メリットと切り分けて理解しておきましょう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ステップ2.配信面を選定する

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
リチカ式・成果の出る動画広告連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

田岡 凌(タオカ リョウ)

リチカ CMO(最高マーケティング責任者)京都大学 経済学部卒業後、ネスレ日本株式会社へ入社。「ネスカフェ ドルチェグスト」や「ミロ」のブランド担当として商品開発、リサーチ、コミュニケーション・販売促進企画の開発などを経験。WeWork Japanではブランドマーケティング責任者として、マーケティン...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/12/28 09:00 https://markezine.jp/article/detail/38029

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング