SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

若年層の流行、鬼滅の刃が1位!男性は「ポケモン」女性は「なにわ男子」が急上昇【LINEリサーチ調査】

 LINEリサーチは、全国の15~24歳の若年層の男女を対象に最近の流行についての調査を発表した。以下、一部内容を紹介する。

総合ランキングトップは「鬼滅の刃」 急上昇ワードは?

 2021年9月期と12月期を含めた下期の結果をみてみると、9月期1位は「東京リベンジャーズ」、12月期は「鬼滅の刃」は1位に返り咲いた。また、「呪術廻戦」は9月期も12月期もランクインしており、アニメやマンガのタイトルが下期の若年層トレンドとしては高い注目を集めた。

 2021年12月期の結果をみると、1位は「鬼滅の刃」となり、2020年12月期の調査以来、1年ぶりに首位に。12月に新シリーズのアニメ「鬼滅の刃遊郭編」がスタートしたばかりで、話題となった。

 また、2位に「なにわ男子」が前回33位から急上昇。2021年の11月にデビューし、デビュー曲の「初心LOVE(うぶらぶ)」もミリオン突破の勢いとなっており、若年層にとって、今注目のグループとなっている。

 また、5位、6位に「ポケットモンスター/ポケモン」と「ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド/シャイニングパール」がランクイン。「ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド/シャイニングパール」は、ポケモンシリーズの最新作だ。2022年1月28日に発売された「Pokémon LEGENDS アルセウス」も話題になっている。

 「BTS」や「ウマ娘 プリティーダービー」などは、ここ最近の流行調査では常に10位以内に入っており、安定した人気がうかがえる。

YouTubeで活躍のグループがランクイン

 2021年12月期の11位以降は、前回10位以内に入っていた「Apex Legends」や「YouTube」、「新型コロナウイルス感染症」などが並んだ。

クリック/タップで拡大
(クリック/タップで拡大)

 19位に入った「平成フラミンゴ」は女性2人組のYouTuber。あるあるネタやノリの良いトークなど幼馴染の二人が繰り出す仲の良い動画が人気だ。30位に「すとぷり」もランクインし、女性の10代を中心に人気となっている。

 20位には11月に新曲「Chopstick」をリリースした「NiziU」が入った。

男性は「ポケモン」、女性は「なにわ男子」が急上昇

男女別をみてみると、「鬼滅の刃」は男女共通して上位となっており、男性は23~24歳の割合がもっとも高い結果となった。女性は19~22歳、23~24歳で2位だった。

クリック/タップで拡大
(クリック/タップで拡大)

 男性では全体ランキングでも上位に入っていた「ポケットモンスター/ポケモン」や「ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド/シャイニングパール」が、どの年齢層でも上位であり、流行している様子がうかがえた。また、「ウマ娘プリティーダービー」や「Apex Legends」などのゲームタイトルも引き続き10位以内にランクインしており、男性のトレンドの傾向としてゲームタイトルは欠かせない項目であると言えそうだ。

 女性は、すべての年齢層で「なにわ男子」が1位に。ライフスタイルの異なる高校生、大学生から社会人にあたる幅広い年齢層で高い注目を集めた。女性15~18歳、19~22歳の年齢層では「コムドット」がランクイン。15~18歳では10位に「平成フラミンゴ」が入っており、YouTuberの活躍も話題になっている様子がうかがえる。

 また、「BTS」「Snow Man」「NiziU」などのグループなども10位以内に入っており、音楽グループへの注目度も高かった。

【関連記事】
若年層ほどCTVの利用が多い/若年層は複数人で視聴する共視聴が増加【ニールセン調査】
若年層のTVer利用回数が52%増 ニールセン、五輪が開催された7~8月のメディア視聴状況を発表
若年層の流行ランキングトップは「呪術廻戦」!「Ado/うっせぇわ」が急上昇【LINEリサーチ調査】
MERY、公式インスタアカウントのいいね・保存数ランキングを発表 美容領域でZ世代が求めるものとは?
2021年下半期、Z世代のトレンドは「イカゲーム」「コムドット」/2022年流行も予想【Z総研調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/02/14 11:15 https://markezine.jp/article/detail/38320

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング