SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

大丸松坂屋百貨店のファッションサブスクサービス、1周年を機に取り扱いブランドを2倍に拡充

 大丸松坂屋百貨店が2021年3月12日に立ち上げた、サブスクリプション型のファッションレンタルサービス「AnotherADdress(アナザーアドレス)」が、オープン1周年を迎える。

 同サービスはこの1年で当初想定した会員数1,000名に対して、6,700名を超える登録があった。また累計レンタル数は約20,000着とのこと。

 1周年を機に、取り扱いブランド数をサービス開始当初の2倍以上の113ブランドに拡大するとともに、「安心保証サービス」「サイズ比較ツールの導入」「返品システムの変更」など、ご要望のあった新サービスの導入・改善を行う。

 また、事業コンセプト「FASHION NEW LIFE」の実現を目指して、東京藝術大学および三菱ケミカルと連携し“森を纏い、森を育む”をテーマにした企画の実施や、ワコールとの“服の寿命を伸ばす取り組み”など、サステナブルな試みを開始する。

東京藝術大学・三菱ケミカルとの取り組みイメージ
東京藝術大学・三菱ケミカルとの取り組みイメージ

【関連記事】
オイシックス・ラ・大地、サブスク特化型のオフラインプロモーションを支援する「スペアド」を開始
エイスリー、タレント写真のサブスクを12月に提供開始へ データドリブンなタレント起用を目指す
フェリシモがサブスク支援事業「EIZOKU」を開始 コンサルテーションや物流業務のノウハウ提供へ
ZOZOと阪急阪神百貨店「店舗在庫取り置き」と「エンドレスアイル」による相互送客施策を実施
京王百貨店、アイリッジとLINEミニアプリを開発 160万人の会員に向けた1to1マーケティングへ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/02/17 18:15 https://markezine.jp/article/detail/38396

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング