SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

各店舗の立地や周辺に住む顧客の特徴を踏まえた商圏分析へ アサヒ飲料がインテージの「エリポテ」を活用

 アサヒ飲料は、インテージが開発した「エリアポテンシャル・サーチ」を活用し、売り場への提案を強化する。

 同サービスでは、店舗・商圏の特徴や人口動態の変化をAIによって解析し、スーパーなどの店舗ごとに販売金額を推計。これにより、クライアント企業における商品構成や販売計画の策定を支援する。

エリアポテンシャル・サーチのサービス概要
エリアポテンシャル・サーチのサービス概要

 アサヒ飲料は、変化する小売業の店舗戦略に対応する目的で同サービスを導入。従来の業態別や都道府県別での市場分析に加え、各店舗の立地や商圏に住んでいる顧客の特徴で商圏分析を実施していく。将来的には各店舗の商圏に沿ったカテゴリー構成比での棚割りや、販促企画・販売目標値の提案を行う予定だ。

【関連記事】
アサヒ飲料、棚割りを最適化するAIを導入 陳列計画の作成業務を効率化
アサヒ飲料、「Lazuli PDP for F&B」を採用 分析業務の高速化・高度化を目指す
TOUCH TO GOと東芝テックが業務提携 行動データ・POSデータ活用で小規模商圏のDXを推進
小売・メーカーの販促など支援 博報堂グループ9社が「ショッパーマーケティング・イニシアティブ」を発足
ウェザーニューズ、製造・小売業向けに気象データセットを販売開始 需要予測やデータ分析を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/03/25 16:00 https://markezine.jp/article/detail/38665

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング