SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

小売・メーカーの販促など支援 博報堂グループ9社が「ショッパーマーケティング・イニシアティブ」を発足

 博報堂をはじめとするグループ9社は、流通/小売/メーカー企業におけるマーケティングをワンストップで支援する組織「ショッパーマーケティング・イニシアティブ」を発足した。

 参画するのは博報堂、博報堂DYメディアパートナーズ、博報堂DYホールディングス、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム、博報堂プロダクツ、博報堂DYアウトドア、セレブリックス、エクスペリエンスD、バックスグループの9社だ。

 同組織では、ID-POSや会員データなどの「ショッパーマーケティングデータ」を活用しながら、博報堂を中心にショッパー(=生活者)の課題ファーストで全体の“買物体験”を設計。その戦略に基づき、グループ各社がDX推進やオンライン/オフラインの販促、人材の採用などを支援することで、クライアントのビジネス成長を目指す。

【関連記事】
博報堂、音楽コンテンツを活用したデータ起点マーケティング支援サービスを開始
博報堂プロダクツら10社、SI開発専門組織「博報堂プロダクツテクノロジーズ東北」設立
DACと博報堂アイ・スタジオ、データで最適なクリエイティブ選定を実現するサービスの提供を開始
JAL、JALUX、NRIデジタルが実証実験を開始 OMOによる購買体験の価値を検証
西友、日本を代表するOMOリテーラー目指し「私たちの使命と価値観」を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/10/29 16:30 https://markezine.jp/article/detail/37673

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング