SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ニールセン、Z世代とシニア世代のスマートフォン利用動向を発表

 ニールセン デジタルは、スマートフォン視聴率情報「ニールセン モバイル ネットビュー(Nielsen Mobile NetView)」のデータをもとに、Z世代に含まれる18歳から24歳と、65歳以上のシニア世代の日本におけるスマートフォン利用動向を発表した。

広がるシニア層のデジタル利用

 従来型携帯電話からの転換で、スマートフォンの利用は65歳以上の消費者で増加している。したがってシニア世代とコミュニケーションを取る手段としても、デジタルメディアの重要性が高まってきている。

 今回、Z世代とシニア世代の、アプリとブラウザの利用状況を調査した。結果、利用時間ではどちらの世代でもアプリの割合が高かったが、シニア世代はZ世代と比べると、ブラウザの利用時間シェアは2倍以上であった。

Z世代はエンターテイメントやSNS利用、シニアはニュース関連サービスを利用

 次にカテゴリー別で総利用時間シェアを調査。結果、Z世代はスマートフォン利用時間の大半を「エンターテイメント」やSNSなどが含まれる「サーチ、ポータルとコミュニティ」に費やしていることがわかった。それぞれスマートフォン利用時間の43%、24%を占めていた。

 一方で、シニア世代は異なる傾向が見られた。シニア世代も同様に「エンターテイメント」「サーチ、ポータルとコミュニティ」に時間が割かれていたが、それぞれ22%、19%となった。また、65歳以上は「ニュースと情報」に、スマートフォン利用者全体と比べると2倍以上の時間を費やしていることがわかった。

 最後に、各世代でどのようなサービスが利用されているかを調査した。利用者数上位5位のサービスを年代別に見ると、「Google」「LINE」「YouTube」「Yahoo Japan」がどの年代でも上位に含まれていた。各年代が特徴的に利用しているサービスを見ると、Z世代では「Zenly」「Discord」「pixiv」などのサービスを利用する傾向がある一方で、シニア世代では、ニュース関連サービスが上位にランクインしていた。

【関連記事】
デジタル広告視聴率を人単位で測定可能に ニールセン デジタルが「ニールセンIDシステム」の導入へ
ニールセン、動画・音声ストリーミングの視聴状況を発表 月間視聴者数や年齢構成は?
ニールセンが2021年日本のインターネットサービス利用者数/利用時間ランキングを発表
消費者の多くが実生活を描いた広告を重視/最も信頼度が低かったのは煙草ブランドの広告【ニールセン調査】
ニールセン、クッキーレスの未来に備え世界15市場で強化されたデジタル広告測定用IDシステムを展開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/03/30 13:00 https://markezine.jp/article/detail/38679

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング