SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Instagram、リール動画にタグ付けするクリエイターのカテゴリを表示できる機能を導入

 Instagramは、リール動画にクリエイターのアカウントをタグ付けする際、アカウント名だけでなく、「ダンサー」「写真家・フォトグラファー」「メイクアップアーティスト」などクリエイターのカテゴリも表示できるようアップデートをした。

 同機能により、動画や写真などのコンテンツを制作する際に各クリエイターがどのような役割で関わったのかといったクレジット情報を表示することができる。

 プロアカウントを利用していれば、設定することができる。またカテゴリを設定・変更できるのは本人のみで、いつでも変更することが可能だ。

1.プロフィール画面で「プロフィールを編集」をタップ

2.「プロフィール情報」にある「カテゴリ」を選択

3.自分に当てはまるもの検索して選択し、右上のチェックマークをタップして完了

 コンテンツを投稿する際、タグ付けにカテゴリを表示する方法は、以下の通り。

1.リール動画やフィード投稿を作成するとき、「人物をタグ付け」をタップ

2.「タグを追加」を選択し、タグ付けしたいアカウント(人物)を検索して追加

3.左下のアイコンをタップし、タグとして追加したアカウントのリストを表示

4.タグ付けしたクリエイターがカテゴリを設定していると、アカウント名の下に「プロフィールカテゴリを表示」と追加されるので、タップして表示し、右上のチェックマークをタップして完了

【関連記事】
Instagramがレインボーカラーに!プライドウィークに合わせ、期間限定機能が登場
Instagram、お気に入りやフォローしているアカウントの投稿だけを時系列表示できる機能を導入
Instagram、ライブ配信にモデレーター機能を導入
「Instagram運用の勝ちパターン」とは?半年で20万フォロワーを実現するメソッドを公開【無料】
AIQのInstagram運用支援ツールが機能アップデート、​​AIが最適運用プランを提案など3機能

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/04/27 09:45 https://markezine.jp/article/detail/38894

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング