SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第80号(2022年8月号)
特集「ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

PayPayフリマ、ZOZOのファッションコーディネートアプリ「WEAR」と今夏連携

 ヤフーが運営するフリマアプリ「PayPayフリマ」は、ZOZOが運営するファッションコーディネートアプリ 「WEAR」と連携。「WEAR」に投稿されたファッションアイテムを簡単に出品・購入できるフリマ機能を今夏に提供開始する。

 「PayPayフリマ」は、幅広いユーザーが個人間取り引きができるよう、他サービスとの連携を進めている。また、2021年にユーザー同士が自由にアイテムについて情報交換できる投稿機能を導入し、ユーザー間のアイテムの売買だけでなく、コミュニケーションによってアイテムとの出会いや発見を創出する「ソーシャルコマース」戦略を推進している。

 一方、2013年にサービスを開始した「WEAR」は、アプリダウンロード数1,600万を突破。1,200万件を超える多種多彩なコーディネートが集まるファッションSNSだ(2022年3月時点)。

 今回、「WEAR」と「PayPayフリマ」が連携し展開する「ファッション特化型ソーシャルコマース」では、これまでのファッションコーディネートの投稿・閲覧に加え、ファッションアイテムのユーザー同士の売り買いを「WEAR」上でできる。また、「WEAR」の「WANT(欲しい)」ボタンで、コーディネートの投稿者が持っているアイテムに対して出品のオファーが可能だ。

 「WEAR」に出品されたアイテムは、「PayPayフリマ」にも同時出品できるため、幅広いユーザーと取り引きができる。

【関連記事】
ヤフー、フェイクニュースなど不確かな情報に惑わされないための学習コンテンツを提供
ヤフー、プライバシーポリシー改定の告知を開始
PayPay等3社、今後ミニアプリ化を目指すスタートアップ4社を採択
TRILL、PayPayモール連動型のインスタライブを開始 第1弾は「ファンケル」と実施
ZOZOCOSMEが「ARメイク」を開始、21ブランドのコスメアイテムが対応

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/04/28 10:15 https://markezine.jp/article/detail/38917

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング