SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究

コロナ禍でデジタル接点を拡大。サイバーエージェント×LDHが「CL」で見据えるエンタメの未来

 LDH JAPANとサイバーエージェントが新たに開始した映像配信サービス「CL」。本記事ではそのサービス提供の背景やサービス拡大に向けた施策などについて、LDH JAPANのCLルームで副リーダーを務める関根麻里子氏とサイバーエージェントで「CL」のプロダクトオーナーを務める鈴村唯氏に話を聞いた。

LDHの持つコンテンツを統合してデジタルで届ける

──まず、LDH所属のアーティストに関するコンテンツを配信しているサービス「CL」の提供を開始した背景を教えてください。

関根:元々LDHが持っていたコンテンツの配信チャネルを整理して、利用者の間口を広げたい狙いがありました。これまではLDH Official mobileサイトや動画配信サービス「LDH TV」、雑誌「月刊EXILE」、テレビ番組の「週刊EXILE」などを通じてコンテンツを届けてきました。

 その中で「CL」は「LDH TV」と「LDH TERMINAL」を統合し進化させたサービスです。既存サービスを統合することで、よりデジタルの接点を強化しようと考えました。

株式会社LDH JAPAN CLルーム 副リーダー 関根 麻里子氏
株式会社LDH JAPAN CLルーム 副リーダー 関根 麻里子氏

──LDHに所属するアーティストすべてのコンテンツを集約するのはなぜでしょうか。

関根:「CL」でLDH所属のアーティストが垣根を超えたコミュニケーションや企画を提供したいと考えたためです。

──「CL」で現在提供しているコンテンツ・サービスについて教えてください。

鈴村:元々「LDH TV」で配信していたオンデマンド番組やライブ配信番組、音楽ライブなどのPPV(ペイ・パー・ビュー、視聴課金)番組、ライブキャスト配信などを提供しています。直近では海外ファンの方も増えているので、リアルタイムで自動翻訳できる機能を追加しました。動画配信とそれに付随する機能などはABEMAで培ってきた知見を活かして開発しています。

 また、誕生日にはお誕生日メッセージが届くサービスやライブキャスト配信時のコメント機能などを通じて、相互コミュニケーションを可能にしています。

株式会社サイバーエージェント CL事業部 プロダクトオーナー 鈴村 唯氏
株式会社サイバーエージェント CL事業部 プロダクトオーナー 鈴村 唯氏

アーティストの声も反映しながらコンテンツを制作

──オンデマンドやライブキャスト配信、PPVなど様々な形式で番組を提供しているとのことですが、どのような内容のものが多いのでしょうか。

関根:バラエティ番組から所属アーティストや俳優の普段に密着した番組、ボーカリストやダンサーがパフォーマンスを行う番組などがあります。「LDH TV」を提供していたころに比べると、アーティストや俳優の普段の姿を見せる番組が増えたように思います。実際にメンバーがカメラを持って撮影してくれるものもあり、メディアの取材や公式動画では見られない一面が見られると好評です。

鈴村:実際にユーザーインタビューをすると、グループの垣根を超えた「CL」ならではのコンテンツが好評ですね。たとえば「KEY MUSIC」では、EXILEのATSUSHIさんが後輩グループであるJr.EXILEのボーカリストとコラボレーションし話題になりました。また、パフォーマンスでのコラボ以外にも対談でコラボすることもあり、そちらも人気があります。

「KEY MUSIC」で行われた、ATSUSHIさんコラボレーション回の様子(C)CL
「KEY MUSIC」で行われた、ATSUSHIさんコラボレーション回の様子(C)CL

──番組の企画は関根さんが所属するCLルームの方が提案するのでしょうか。

関根:基本的にはそうですね。ただ、ときどきアーティスト側から提案が来ることもあります。たとえば、トークバラエティの「すずき御殿」は劇団EXILEの鈴木伸之が持ち込んだ企画です。

「すずき御殿」(C)CL
「すずき御殿」(C)CL

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
新規ユーザー獲得、既存ユーザーの活性化に向けて行っていることとは?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

道上 飛翔(編集部)(ミチカミ ツバサ)

1991年生まれ。法政大学社会学部を2014年に卒業後、インターネット専業広告代理店へ入社し営業業務を行う。アドテクノロジーへの知的好奇心から読んでいたMarkeZineをきっかけに、2015年4月に翔泳社へ入社。7月よりMarkeZine編集部にジョインし、下っ端編集者として日々修業した結果、20...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/06/08 08:00 https://markezine.jp/article/detail/39137

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング