SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ferret One、「HOTリード機能」提供開始 サービス検討度の高い見込み顧客をいち早く検知

 ベーシックは、同社が提供するオールインワン型BtoBマーケティングツール「ferret One(フェレットワン)」において、「HOTリード機能」の提供を7月5日より開始した。

 ferret Oneは、ノーコードCMSに加え、各種マーケティング施策を実行するための機能を搭載したオールインワン型BtoBマーケティングツール。

 同機能は、サイト内で初めてコンバージョンした見込み顧客が、再度サイト内で検討度の高い行動をとった場合に、ユーザーに通知をする機能だ。例えば、見込み顧客が初めてサイト内の資料をダウンロードし、その後、その見込み顧客が能動的にサイト(※)に再訪問した際に、ユーザーは通知を受け取ることが可能。

 通常、HOTリードを判別するような機能を利用する場合は、シナリオなどの複雑な設計が必要なケースが多いが、ferret OneのHOTリード機能では特にそうした細かな設計は必要ない。通知条件となるページの選択や、HOTリード条件の絞り込みなど、少ないステップで簡単に利用できる。

 同機能を利用することで、再購買・買い替えのタイミングで、買い替えで情報収集を始めた自社のリードをいち早く検知でき、他社よりも早いアプローチが可能となる。

 また、情報収集段階で一度サイトに訪れた見込み顧客の検討が進み、サイトを再訪問した際に検知できるため、そのタイミングに有効なアプローチができれば、見込み顧客に興味を持ってもらいやすくなる。

 再訪問した顧客の問い合わせを待たなくてもアクションすることができるため、通常のアプローチリストもより増やせる。機会損失を防ぐことで、アポイントの獲得数も増やすことが可能だ。

 対象となるのは

  1. 再訪問時の流入チャネルがオーガニックもしくはダイレクトの場合
  2. ユーザーが指定した特定のページに訪問した場合

【関連記事】
ベーシックのferret One、最短45日でWebサイトから新規リード獲得が可能な新プランを提供
ガイアックス、オンラインイベントでの見込み顧客獲得に特化した展示会プランを開始
SATORI、「Webhook」機能を提供 フォームに入力された見込み顧客情報を外部ツールに即時連携
シルバーエッグの見込み顧客可視化ツール「プロスペクター」でLINE配信が可能に
サンリオが「Location AI Platform」を採用/AI活用で「見込み顧客エリア」を抽出

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/07/08 11:00 https://markezine.jp/article/detail/39399

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング