SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第80号(2022年8月号)
特集「ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

イベントレポート

シルクロード×明石ガクト×ケトル・嶋浩一郎が振り返る、YouTubeアワード2022の受賞作

  2022年6月に「YouTube Works Award Japan 2022」の受賞作品が6月に発表された。これを記念して、同アワードの審査員を務めたFischer’sのシルクロード氏、ワンメディアの明石ガクト氏、博報堂の嶋浩一郎氏の3人が出演したトークイベントが開催。本稿では、そのトークショーの一部を抜粋したレポートをお届けする。

YouTube Works Award2022を記念したトークイベントが開催

 「YouTube Works Awards Japan 2022」の受賞作品が6月2日に発表された。同アワードは、YouTubeで高い成果をあげた動画広告を表彰するもの。2021年に続き、日本での開催は今年で2回目となる。グーグルでYouTube Adsのマーケティングを統括する中村氏が「YouTubeというプラットフォームの中で広告がしっかり機能していくためには、効果のある広告とはどういうものかという学びを皆様にシェアしていく必要がある」と話すように、受賞作の選定においては、広告効果にシビアに向き合い、計12名の審査員がまる2日間かけて議論を交わしたそうだ。

 本稿では、本年のアワード開催を記念して開催されたトークイベントの模様をレポートする。登場したのは、YouTubeクリエイター「Fischer’s(フィッシャーズ)」のリーダー・シルクロード氏、ワンメディア 代表取締役CEOの明石ガクト氏、博報堂 執行役員の嶋浩一郎氏。本年のアワードの審査員を務めた3人が「YouTube Works Awards Japan 2022」の受賞作品を振り返り、各動画広告のどこに注目したのか、どのようなところを評価したのかなど楽しいトークを繰り広げた。

「YouTube Works Awards Japan 2022」の受賞作品一覧

1.Best Sales Lift部門「恋スル!チャミスル」

2.Best target Reach部門「モンハン保険」

3.Creative Effectiveness部門「カロリーメイトWeb movie『夏がはじまる。』」

4.Force for Good部門「赤十字『不安が見えなくなるメガネ』」

5.Performance for Action部門「ホットペッパービューティー ナダルとオカンの押し問答」

6.YouTube Creator Collaboration部門「夏はカレーメシ カレーメシ×ホロライブ コラボ動画」

7.Best Innovation部門+グランプリ「VOICE PROJECT」

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
満場一致の受賞 韓国ドラマのあるあるを詰め込んだ「恋スル!チャミスル」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
イベントレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/07/22 08:30 https://markezine.jp/article/detail/39438

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング