SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイト内検索エンジン「ZETA SEARCH」が1年間に処理する総クエリ数、約1200億クエリに到達

 ZETAは、同社が開発・提供するEC商品検索・サイト内検索エンジン「ZETA SEARCH」が1年間に処理する総クエリ数が第16期(2021年6月〜2022年5月)において約1200億クエリになったと発表した。

 買い物の際にECを利用する消費者の多くは、訪れたサイトで商品検索を行っている。キーワード検索を経由し商品を探すユーザーは、その他の経路より商品にたどり着いたユーザーに比べ購買率が非常に高く、適切な検索結果が表示されなかった際はサイトを離脱してしまうことから、サイト内検索の改善はCX向上に非常に重要であることが認知されつつある。また、検索クエリはリスティング広告への活用も期待されており、Cookieレス時代のマーケティングに欠かせない要素となることが予測されている。

 同社の「ZETA SEARCH」は様々な業界の企業へ導入され、継続率は95%。導入企業の増加に伴い、商品検索時に入力されるデータである検索クエリも大幅に増加しており、同社が年間で処理する年間総クエリ数は前回集計した第14期(2019年6月〜2020年5月)の900億クエリから、約2年で133%増加している。

【関連記事】
ユナイテッドアローズ、公式通販サイトにZETA SEARCH導入 ユーザーファーストで商品検索を楽に
マーケティングソリューション「ZETA CXシリーズ」導入サイトにおける年間総流通額、約3兆円へ
EC出店サポートの「PayTouch」、ZETA SEARCHを採用 サイト内検索機能を実装可能に
ユナイテッドアローズ、公式通販サイトにて「ZETA VOICE」を導入 検討ユーザーの購買を後押し
ネット通販売上高ランキングTOP100内で、レビュー導入企業は76社【ZETA調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/07/26 14:00 https://markezine.jp/article/detail/39533

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング