SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ネット通販売上高ランキングTOP100内で、レビュー導入企業は76社【ZETA調査】

 ZETAは、『日本ネット経済新聞』(日本流通産業新聞社、2021年6月10日号)の「2021年版 ネット通販売上高ランキングTOP500」に掲載されている、TOP100にランクイン企業のECサイトのレビュー機能について調査した。

 まず、星や点数など総合評価を表示している割合を調査した。結果、TOP100ランクイン企業の90%が実装しており、最も実装率が高かった。

 次に、レビューを並べ替え・絞り込みする機能の実装の有無を調査した。アパレル・化粧品業界などのECでの実装率が高く、「星の数」「高評価・低評価」のみならず「投稿者情報(性別/年代/身長など)」をもとにレビューを選んで閲覧し参考にすることができるECサイトもみられた。

 また絞り込み機能があるECでは、必ず並べ替え機能も実装されているという特徴がみられた。並べ替え・絞り込みの実装率は26%、並べ替えのみの実装率は29%、どちらもなしは55%であった。

 投稿者情報の掲載率を調査した結果、49%であった。業界別にみると。化粧品業界では掲載率100%、アパレルでは87%という結果に。化粧品では年代・肌質・愛用歴などを、アパレルでは身長・年代・体型・普段のサイズを掲載しているケースが多くみられた。

【調査概要】
調査機関:ZETA
調査対象:『2021年版 ネット通販売上高ランキングTOP500』のTOP100ランクイン企業のECサイト
サンプル数:統合・サービス終了したサイトを除く98サイト
調査方法:2022年5月時点の各ECサイトを閲覧

【関連記事】
「三井アウトレットパーク」と「ららぽーと」、ZETA SEARCHを導入し検索機能を強化
DECENCIAが「ZETA VOICE」を導入 レビュアー情報に「肌性」「お悩み」などを表示可能に
ウサギオンライン、公式通販サイトに「ZETA VOICE」導入 商品検討ユーザの購買を後押し
ベイクルーズ、自社の通販サイトにZETA SEARCHを追加導入 検索ヒット開始時間の指定が可能に
公式通販「Panasonic Store Plus」、ZETA SEARCHを導入し検索機能を強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/06/07 15:15 https://markezine.jp/article/detail/39167

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング