SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Twitterマーケティング施策「UGCの活用」「企業間コラボ」など多様に/アライドアーキテクツ調査

 アライドアーキテクツは、企業のTwitterマーケティングの実態把握を目的とした調査を実施した。

約半数の企業がアカウント運用を実施

 現在実施中のTwitterマーケティング施策を聞いた結果、トップは「アカウント運用」で47.9%に上った。次に多かったのが「広告出稿(認知拡大目的)」で31.5%。「広告出稿(Webサイト訪問・コンバージョン目的)」は28.1%という結果に。

【クリック/タップで拡大】

 「UGC(クチコミやハッシュタグ付きのユーザー投稿など)の生成・活用(14.2%)」や「企業間コラボ(11.3%)」「ライブ配信(12.0%)」など、従来のキャンペーンやインフルエンサー施策に加え、取り組みが多様化している傾向が見られた。

Twitter年間予算300万円超の企業は4割

 「Twitter関連のマーケティングの年間予算」を聞いたところ、300万円超の予算を投下している企業は全体の42.1%を占めた。

費用対効果、40%超が「高い」と実感

 「Twitterマーケティングの費用対効果の実感」について質問。「認知向上」「態度変容」「ECでの新規顧客獲得・売上増加」「店舗の来客数増加」「店舗での売上増加」のいずれの目的においても、費用対効果の実感が「非常に高い」「高い」と回答した人の割合が40%を超えた。

画像を説明するテキストなくても可
クリックすると拡大します

【調査概要】
対象:Twitterを活用したマーケティング・プロモーション業務に携わる22~59歳の男女(全国)
サンプル数:858人
方法:アンケート調査を実施
時期:2022年6月16日(木)~2022年6月18日(土)

【関連記事】
プロダクトプレイスメント広告、視聴者の5割は「不快に感じない」と回答/ガイエ調査
約65%が多様性を感じられる広告モデルの起用に好感/購買意思とはギャップも【@cosme調査】
アドビが米国で調査/対象者のうち、Z・ミレニアル世代の半数がARを用いた購買体験に「興味あり」
コネクテッドTVでのオーバーレイ広告、インストリーム型動画広告の4倍印象に残る結果に【米国調査】
「テレビ×Web×交通広告」の広告効果は「テレビ×Web」の1.12倍【jeki、NRI調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/07/28 16:30 https://markezine.jp/article/detail/39569

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング