SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第80号(2022年8月号)
特集「ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

プロダクトプレイスメント広告、視聴者の5割は「不快に感じない」と回答/ガイエ調査

 ガイエは、プロダクトプレイスメント(※)に対する生活者の意識調査を実施した。

※映画やテレビコンテンツなど映像コンテンツ内に広告情報や商品情報を入れ込む広告手法

各広告に対する印象を調査

 はじめに「テレビCM」「Web・インターネット広告(動画以外)」「動画広告(YouTube、TikTokなど)」「合成画像を広告要素として商品・商材をシーン内に入れる広告」「映画館などで本編前などに上映される広告」の5つの広告に対する視聴者の印象を調べた。

 その結果「テレビCM」では「商品または企業の認知度が向上する(約35.6%)」が最もスコアが高かった。一方「Web・インターネット広告(動画以外)」「動画広告(YouTube、TikTokなど)」では「広告が不快である」が最多に。「合成画像を広告要素として商品・商材をシーン内に入れる広告」では「商品または企業の認知度が向上する(約17%)」がトップで、次点は「情報が新鮮である(約13%)」だった。

【クリック/タップで拡大】

プロダクトプレイスメント、5割が「不快に感じない」

 プレイスメント化された動画に対する印象を聞いたところ「不快に感じないと思う(約16%)」「あまり不快に感じないと思う(約38%)」「どちらともいえない(約32%)」を合わせて、約5割がプレイスメント化された動画を「不快に感じない」と回答した。

プレイスメント動画視聴後の行動、「Webで検索」が最多

 「テレビCM」「テレビ番組での商品・商材紹介」「動画広告(YouTube、TikTokなど)」「映画で登場した商品・商材」をそれぞれ見た後の行動を聴取。その結果、いずれも「商品についてWebで検索した」が最も高かった。

【クリック/タップで拡大】

【調査概要】
対象:15~69歳の男女1,109人
方法:マクロミルモニターに対するオンライン上でのアンケート調査
地域:全国
時期:2022年5月18日(水)~2022年5月20日(金)

【関連記事】
利用中の動画配信サービス、トップは「Amazonプライム・ビデオ」【ネットプロテクションズ調査】
2022年5月のテレビCM放送回数、旅行予約やアルコール飲料がランクイン【ゼータ・ブリッジ調査】
日本の消費者の7割超が、テレビCMより動画配信サービスでの「広告体験」を好む【IAS調査】
コネクテッドTVでのオーバーレイ広告、インストリーム型動画広告の4倍印象に残る結果に【米国調査】
「テレビ×Web×交通広告」の広告効果は「テレビ×Web」の1.12倍【jeki、NRI調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/07/11 10:30 https://markezine.jp/article/detail/39419

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング