SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

利用中の動画配信サービス、トップは「Amazonプライム・ビデオ」【ネットプロテクションズ調査】

 ネットプロテクションズは、同社の後払い決済を利用している会員を対象に、動画や音楽などインターネット上に流通する有料のデジタルコンテンツの利用実態を調査した。

有料デジタルコンテンツの利用者は約5割

 有料デジタルコンテンツの利用有無を調査したところ「利用したことがある」と回答した人は50.1%で「利用したことはない」と回答した人は49.9%だった。

利用コンテンツのトップは「動画配信」

 日常的に利用する有料デジタルコンテンツを聞くと「動画配信」が約60%でトップに。続く「音楽」は約45%を占めた。

動画配信サービス、最も人気は「Amazonプライム・ビデオ」

 動画配信サービスを利用している人に、実際に利用しているサービス名を聞いたところ「Amazonプライム・ビデオ」と回答した人が391人で最多に。2位以降に「Netflix(143人)」「GYAO!(111人)」が続いた。

音楽配信サービスでは「Apple Music」が人気

 音楽配信サービスでは「Apple Music(132人)」「Amazon Music(121人)」「LINE MUSIC(96人)」が上位に並んだ。

月額「1,000円以下」がボリュームゾーン

 デジタルコンテンツに使う金額(月額)については「500円未満」の回答者が最も多く、次に多かったのが「500~1,000円」だった。

約6割が「月に複数回利用」

 有料デジタルコンテンツの利用頻度として最も多かったのは「月1回程度(36.5%)」。「毎日」「週2~3回程度」「月2~3回程度」の回答を合わせると、約6割が月に複数回利用していた。

【調査概要】
方法:Webアンケートによるリサーチ
時期:2022年4月27日(水)~2022年5月12日(木)
対象:ネットプロテクションズのポイントサービス「NPポイントクラブ」の会員約520万人(2022年3月31日時点)の中でデジタルコンテンツの利用経験がある10代~70代の男女
有効回答:1,347人

【関連記事】
価格よりも重視すること1位は「信頼性」/ECサイトは品切れやチャットに改善の余地【サイトコア調査】
テレビのリアルタイム配信を4人に1人が利用 「誘い合い視聴」で盛り上がる【メディア環境研究所調査】
海外BtoBビジネスの実態、年間売上高「20億円以上」が2割強【ペイオニア・ジャパン調査】
1位は丸⻲製麺/2022年の顧客体験価値ランキング【C Space Tokyo調査】
「SDGs」の認知度は9割超え/最も興味の高いゴールは「すべての人に健康と福祉を」【LINE調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/07/07 16:00 https://markezine.jp/article/detail/39400

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング