SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

テレビのリアルタイム配信を4人に1人が利用 「誘い合い視聴」で盛り上がる【メディア環境研究所調査】

 博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所は、全国15~69才を対象に「リアルタイム配信視聴意識調査2022」を実施した。これは4月11日から民放キー局でも開始された、地上波放送と同時にスマホ・PC・タブレットでテレビ番組が視聴できる「リアルタイム配信」について、その視聴実態と意識を調査したもの。調査結果の概要は以下の通り。

「リアルタイム配信」の認知率は70.8%。実際の利用経験率は25.1%

 「リアルタイム配信」の認知と利用状況を調査した結果、全体で認知率70.8%、利用経験は25.1%で、4人に1人が実際に利用していたことが明らかとなった。年代別では、特に10~20代で高く、認知率75.0%、利用経験率36.5%にのぼった。

スマホ・PC・タブレットで見る理由は、「好きな場所」・「一人で」・「集中して」見たいから

 リアルタイムのテレビ番組を、テレビ受像機ではなく、スマホ・PC・タブレットで見る理由は、「好きな場所で見たいから」が最も多く73.1%。次いで「一人で見たいから」が65.9%、「じっくり集中して見たいから」が60.3%という結果になった。テレビ番組を見るためのセカンドスクリーンとして活用されているようだ。

番組リンクのシェアしやすさで、リアルタイム視聴への誘い合いが生まれる

 テレビのリアルタイム配信利用者のうち、57.6%が「好きなテレビ番組や好きな人が出ているテレビ番組について、リアルタイム配信の番組リンクをシェアすることがある」と回答。10~20代ではさらに多く、73.9%がリアルタイム配信の番組リンクをシェアしている。

 また、「SNSでシェアされた番組リンクをきっかけに、スマホ・PC・タブレットでテレビ番組のリアルタイム配信をみることがある」という人も52.7%にのぼった。10~20代は60.4%、30~40代でも57.3%と高い。

リアルタイム配信をきっかけに「テレビでのリアルタイム視聴」も増加

 リアルタイム配信利用者のうち「テレビでもリアルタイムでテレビ番組を増えた」という人が全体で51.9%、10~20代ではさらに増加し、63.9%がテレビでのリアルタイム視聴が増えたと回答した。

【調査概要】
調査エリア:
全国
調査方法:インターネット調査
調査対象者:15~69歳の男女
サンプル数:1,956サンプル ※性年代ごとに均等割り付け
調査期間:2022年5月26日~5月30日

【関連記事】
4割弱がほぼ毎日音楽を聴くと回答 聴取方法は動画配信サイトが最多に【楽天インサイト調査】
定額動画配信サービスの利用実態 Amazonプライム・ビデオの利用者が7割超で圧倒的【ナイル調査】
ユーザーの嗜好に合わせ動画配信 RTB Houseが「Streaming Video Ads」を発表
電通デジタル、SNSを活用し企業のライブ動画配信を支援する「Engagement LIVE」を提供
動画配信サービスの利用、約半数が外出自粛前と比べ増加と回答/視聴デバイスの多様化が加速【AJA調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/07/01 15:30 https://markezine.jp/article/detail/39358

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング