SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第80号(2022年8月号)
特集「ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

BOOKS(PR)

メタバースの動向から技術、ビジネス活用まで解説した書籍『図解まるわかり メタバースのしくみ』発売

 注目高まるメタバースの基礎知識を図解した書籍『図解まるわかり メタバースのしくみ』が、MarkeZineを運営する翔泳社から9月7日(水)に発売となりました。

 Mata(旧Facebook)社がメタバースへの取り組みを大々的に発表して以降、賛否両論がありながら様々な面でメタバースが取り沙汰されてきました。将来的に巨大な市場へと成長するという展望や、多くの新しい技術が開発・活用されていくと見込まれていますが、今大切なことは現状のメタバースをしっかり理解することが欠かせません。

 本書ではメタバース事業を先導するGAFAMの動向から、ゲーム業界やWeb3.0との関わりを説明しつつ、特にメタバースを支えるグラフィックやプログラミング、通信・サーバーといった技術面を網羅的に解説しています。

 著者はVRやARのコンテンツ制作やメタバース開発を手掛けるビーライズの代表取締役、波多間俊之さん。同社は波多間さんが2012年に創業され、デジタルコンテンツやバーチャル空間を活用したサービス提供に定評があります。

 メタバースに関心はあってもいまいち具体像が浮かばないマーケターの皆さんに、地に足のついた知識を提供する1冊です。

目次

第1章 メタバースの基本
第2章 GAFAMやゲーム業界とメタバース
第3章 メタバースとWeb3.0
第4章 メタバースを表現するグラフィック
第5章 メタバースを作るプログラミング
第6章 オンライン通信とサーバー
第7章 メタバースを体験する方法とそのしくみ
第8章 ビジネスにおけるメタバースの活用方法
第9章 メタバースのこれから

図解まるわかり メタバースのしくみ

Amazon SEshop その他

図解まるわかり メタバースのしくみ

著者:波多間俊之
発売日:2022年9月7日(水)
定価:1,848円(本体1,680円+税10%)

本書について

今の技術での“現実的なメタバース”と、技術や法整備などの観点から“今は現実的ではないが未来のメタバース”という予測も交え、見開きで1つのテーマを取り上げ、図解を交えて解説しています。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
BOOKS連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

 翔泳社マーケティング課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/09/07 07:00 https://markezine.jp/article/detail/39589

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング