SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

RIZAPが実践するアドフラウド・サイバー攻撃対策とは?【参加無料ウェビナー】

 MarkeZineは、2022年9月7日(水)~8日(木)の2日間、「MarkeZine Day 2022 Autumn」をオンラインで開催する。

 9月8日(木)14:40~15:10に行われるセッション『RIZAPが実践するアドフラウドとサイバー攻撃によるデジタル広告とWebサイトへの影響とその対策~経済的損失、社会的信用の失墜、顧客ロイヤルティの低下を食い止める』には、RIZAPの小野 博氏と、CHEQ JAPANの廣瀬 健一氏が登壇。マーケティングのデジタル化が進む中、問題となっている「不正トラフィック」について、その危険性と防御策をRIZAPにおける具体的な取り組みとともに解説する。

【セッション詳細・申し込みは画像をクリック】
【セッション詳細・申し込みは画像をクリック】

 ビジネスのデジタル化が加速度的に広がる現在、インターネット上のトラフィックの40%は不正なボットによるものであるという調査報告書が出るほど、IVT(Invalid Traffic:不正トラフィック)は溢れている。 悪意を持った第三者やボットがサイトへの不正アクセスを試みたり、偽サイトで顧客の個人情報を不正に入手するなど、日常的に攻撃を受けているECサイトも少なくない。

 一方、日本のデジタルマーケティング領域において、各企業のサイバーセキュリティの整備が十分になされているかというと、そうではないのが現状だ。

 本セッションでは、IVTがEC通販ビジネスにどのような影響を与えるのか、その危険性と防御策をRIZAPにおける具体的な取り組みとともに解説する。

【開催概要】
イベント名称:MarkeZine Day 2022 Autumn
日時:2022年9月7日(水)10:00~18:10
   2022年9月8日(木)10:00~18:10
会場:オンライン開催
参加費:無料(事前登録制)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/08/25 11:30 https://markezine.jp/article/detail/39819

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング