SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第80号(2022年8月号)
特集「ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

マーケターこそ知っておきたい、プライバシーガバナンス構築・運用のイロハ

法律面・テクノロジー面両方の悩みに答える、今後のデータ活用に必要な対応

 今後データ活用を推進する上で欠かせないのが、個人情報保護法をはじめとした法律面の対応と各種プラットフォーマーの規制をはじめとしたテクノロジー面の対応です。本記事では、インティメート・マージャ―が実施したセミナーの内容をもとに、今後求められる法律面・テクノロジー面の対応を解説します。

データ活用に求められる、法律面とテクノロジー面の対応

 データに関わる規制は、大きく分けると法律面での規制とテクノロジー面での規制があります。GDPRやCCPAなどに代表される海外の法律や個人情報保護法は、法律面でのデータ収集やデータ活用に関する規制であり、国ごとに異なるルールが敷かれています。一方、AppleのITPやGoogleのChromeによる3rd party Cookieの規制などはテクノロジー面の規制になります。

 また、その対応方法についてもCMPなどの同意管理ツールを入れることによって解決できる課題やポストCookieソリューションの導入によって解決できる課題など、規制への対応方法や対処方法も法律面での規制とテクノロジー面での規制によって異なることも多いです。

 そこで今回の記事では、混同しがちな法律面・テクノロジー面での規制について具体的なユースケースをしながら解釈の方法をご紹介できればと思います(※)。

(※)本記事における法律面での解釈は2022年7月7日に実施したセミナー「【フルVer.】7/7(木)、弁護士×データの専門家が語る公開ディスカッション~個人情報保護法、GDPR、Cookie規制の視点から読み解くユースケース~セミナー」の内容をもとに記載しています。

CMPを入れた場合、すべての規制に対応できるか?

 2022年4月に施行された改正個人情報保護法の対応として、サイト内にCookieの同意取得を行うためのバナーを設置した企業もあったかもしれません。GDPRの対象の国においてはCookieを個人情報として扱っており、Cookieの同意取得をするためにCMPを入れているケースも多いのではないでしょうか?

 ただし、Cookieについての扱いは国や法律ごとに異なります。そのため、日本の個人情報保護法などを遵守できているかどうかについては、サービスを提供する国の法律を確認する必要があります。また、同意を取得する場面に関しても各国によってどの地点で何の同意を取得するべきかが異なるので、同様にサービスを提供する国によって注意が必要です。

 一言でCMPの導入と言っても、サービスを提供している国や取らなくてはいけない同意情報の種類によってCMPの導入・活用方法が異なるのです。

 また、テクノロジー面ではCMPがCookieやLocal Storageなどの情報をベースに同意情報を管理しているという点に課題点があります。仮に同意情報を取得してもITPなどを利用しているブラウザによっては、同意情報が数日しか保持できないという点も課題となるケースが多いです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
GDPRに対応するか、EU圏内のデータ取得を諦めるか?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
マーケターこそ知っておきたい、プライバシーガバナンス構築・運用のイロハ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

簗島 亮次(ヤナシマ リョウジ)

株式会社インティメート・マージャー代表取締役社長。 慶應義塾大学 大学院 政策・メディア研究科を2010年首席で卒業。 2013年、Googleのレイ・カーツワイル氏が2020年に起きると予測した「あらゆるデータがひとつに統合される」という革命を冠した株式会社インティメート・マージャーを創業し、2019...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/09/12 09:00 https://markezine.jp/article/detail/39942

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング