SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Meta、次世代XRクリエイター向け教育プログラムを日本で開始 角川ドワンゴ学園とも連携

 9月9日、Metaは、次世代XRクリエイター向け教育プログラム「Immersive Learning Academy」を日本でローンチすると発表した。同プログラムは初心者からプロまで、あらゆるレベルのARおよびVRの次世代クリエイターが最先端スキルを身につける機会を提供するもの。日本では角川ドワンゴ学園との連携のもと、ARやVRに関するイベントやワークショップといった教育プログラムを展開する予定。

 日本におけるXR技術やメタバースに関連するコミュニティは成長を続けており、これらのトピックに関連するFacebookグループの35%は過去1年の間に作成されている。このコミュニティをさらに発展させ、次世代のクリエイターがAR・VR体験を制作・公開するために必要なスキルを習得できるよう、あらゆるレベルのクリエイターに対し、MetaのSpark ARを用いてAR体験を構築する方法を学ぶ機会を提供する。

 Metaは同社が提供する無料のオンライン学習プログラム「Meta Blueprint」サイト内で、Spark ARオンラインカリキュラムを提供。日本のクリエイターと連携し、基本的なARエフェクトの作り方を学べる1.5時間のクイックスタートコースや、より高度な内容を学べるAR基礎・ARプロのオンラインカリキュラムの日本語版を順次公開していく。

 角川ドワンゴ学園との提携事業では、今後1年間でN高等学校・S高等学校の高校生を含む1200名以上の学生を対象に、ARやVRに関するオンラインワークショップやイベントを展開する予定だ。具体的には、クリエイターや専門家を招き、AR・VRを活用したクリエイティブスキルや将来のキャリアを考えるオンラインイベントの実施や、Spark ARオンラインカリキュラムを活用した学生向けAR・VRコンテンツ制作ワークショップやアイデアソンの実施を予定している。

 同プログラムの提供開始にともない、先駆けて実施されたパイロットワークショップ(「メタバースの学校プロジェクト〜SF作家・バーチャル建築家と未来の学校をつくる〜」)に参加した角川ドワンゴ学園 N高等学校・S高等学校の生徒の代表者による作品発表会も同日に実施。

 作品発表会では「メタバースの学校」をコンセプトに生徒各々が考えた作品を発表、ワークショップを通して制作したVR空間をプロジェクターに投影しながら紹介した。

【関連記事】
【回答者特典あり!】MarkeZineがアンケート調査を開始
Meta、InstagramとFacebookのリール機能を複数発表/リール動画が最長90秒に
CA、メタバースでのファッション開発に特化した「Meta Fashion Factory」設立
「Metaverse Japan(メタバースジャパン)」が設立 様々な業界・企業から有識者が参画
Meta、FacebookとInstagramにおける広告トピックの管理機能をアップデート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/09/13 13:00 https://markezine.jp/article/detail/40010

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング