SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第89号(2023年5月号)
特集「テレビ×マーケティング2023」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

三井住友カード、エリア別で観光客の消費行動を可視化 観光予報プラットフォームへデータを提供

 三井住友カードは、観光予報プラットフォーム推進協議会の「観光予報プラットフォーム」に、2022年10月よりキャッシュレス統計データの提供を開始する。

 観光予報プラットフォームとは、自治体・観光協会・DMO・企業に対して地域の活性化やサービス事業者の生産性向上を目的に、宿泊情報を中心とした観光関連データをエリア単位にまとめて提供。事業者はこれらのデータを活用することで、利用者の属性の把握とターゲットや施策の明確になる。

 同データの提供により、全都道府県別に消費が多い観光客の属性やエリア内における加盟店業種に対し上位3位までのシェアを可視化するなど、消費実態の一部を把握できる。これによって、国内観光客・インバウンドのエリアごとに消費行動の分析予測が可能となる。

【関連記事】
【5,000円分ギフト券が当たる!】MarkeZine、マーケティング動向を探るアンケートを実施中
アンケート結果と購買履歴を掛け合わせた分析を実現 三井住友カードとマクロミルがサービスの連携へ
決済端末のビーコン化で機器設置の手間を解消 unerryが三井住友カードに「Stap」を提供開始
コンカーと三井住友カードが戦略的業務提携 ビジネスシーンにおけるキャッシュレス化推進を支援
三井住友カードとマクロミルが業務提携 企業向けデータ分析支援サービスの強化へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/09/16 08:15 https://markezine.jp/article/detail/40039

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング