SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第80号(2022年8月号)
特集「ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

三井住友カードとマクロミルが業務提携 企業向けデータ分析支援サービスの強化へ

 三井住友カードとマクロミルは、企業の戦略的なデータ利活用の促進を目指した業務提携を行うことで合意した。

 三井住友カードは、同社が保有するキャッシュレスデータ(クレジットカードなどによる取引等に関する統計データ)を戦略的に活用すべく、データ分析支援サービスである「Custella(カステラ)」を提供している。

 一方、マクロミルは、マーケティング・リサーチサービスやソリューションの開発・展開に取り組む企業。国内約130万人の消費者パネルを自社で保有し、この自社パネルから取得する様々な意識データや行動データを、詳細な属性データに紐づけて提供しており、2020年3月からはデータコンサルティング領域のケイパビリティを強化する目的で、データコンサルティングサービス「MAG(マグ)」の提供している。

 今回の業務提携では、CustellaにおいてMAGの提供を通じて獲得した様々な知見を活用することで、Custellaの分析設計や考察・示唆の導出のレベルアップを図る。

 これにより、アナリストやデータエンジニアがデータ分析設計やレポーティング、データの集計を行う上で、より効果的なデータマネジメントの実現が可能に。両社は両社のアセットを相互に活用することで、Custellaの付加価値を向上させると同時に、マクロミルのデータコンサルティング領域における『MAG』のケイパビリティを拡大させる。

提携イメージ図
提携イメージ図

【関連記事】
コロナ影響下で高年齢層が実店舗からECにシフト/巣ごもり消費により娯楽品が伸長【三井住友カード調査】
マクロミル、役員人事の内定を発表 新グローバルCEOに現副社長 日本代表の佐々木徹氏が内定
マクロミル、新しい生活様式に対応したリサーチの新ソリューション「ライブアンケート」を提供開始
マクロミル、「コンシューマー・インサイト連動配信」を提供 意識調査データと連動し広告配信を自動最適化
マクロミル、マクロミル・コンソーシアムを設立 データ・コンサル領域の参画企業と顧客の課題解決を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/09/04 12:30 https://markezine.jp/article/detail/34238

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング