SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

SceneryScentらが香り演出機器「Ambiscent」を開発 香りを通じ、集客・販促を支援

 SceneryScent(シーナリーセント)とアネスト岩田は、人感センサーを内蔵した香り演出機器「Ambiscent(アンビセント)」を共同で開発。企業に対し、デモトライアルの予約受付を開始した。

Ambiscent

 SceneryScentは、香りの空間演出や、香り演出機器の開発・販売を行う企業。一方、アネスト岩田は空気圧縮機や真空機器などを製造・販売する企業だ。

 今回開発したAmbiscentでは、人感センサーを用い、機器の前に立った人にだけエアーコンプレッサで液体香料を瞬間噴射する。商業施設のサイネージや無人店舗など、本来はにおいのない場所に設置することで、嗅覚に訴えた集客・購買施策を実現。またエンタテインメントのアトラクションでは、センサーや映像、音などその他の演出と連動させることで、没入感の高いユーザー体験の構築を支援する。

【関連記事】
【回答者特典あり!】MarkeZineがアンケート調査を開始
スマートシェア、キリン社と共同開発した「マイレージ型マストバイキャンペーン」提供開始
博報堂DYHD、VRCと資本業務提携契約を締結 3Dアバターを活用したサービスの共同開発を加速
IASとフォーエム、ブランドセーフな広告メニューを共同開発 文藝春秋の3メディアに提供開始
テレビCMとWeb広告の運用を成果報酬型で支援 ノバセルとADREXが「X-MAX」を共同開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/09/20 18:00 https://markezine.jp/article/detail/40071

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング