SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第80号(2022年8月号)
特集「ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

IASとフォーエム、ブランドセーフな広告メニューを共同開発 文藝春秋の3メディアに提供開始

 Integral Ad Science(以下、IAS)とフォーエムは連携し、文藝春秋のウェブメディアにおいて新たな広告メニューを共同開発。2022年4月4日(月)より提供を開始した。

 IASはニューヨークに本社を置くアドベリフィケーションの提供企業。一方のフォーエムは、AnyMind Groupの子会社として、メディア向けにBIダッシュボード「AnyManager」などを提供する企業だ。

 同メニューでは、アドフラウドとブランド毀損のリスクを除外した有効なインプレッションの買い付けを実現。文藝春秋の「文春オンライン」「Number Web」「CREA WEB」において、JICDAQ(一般社団法人デジタル広告品質認証機構)基準の8つの要件を加味したディスプレイ広告並びに動画広告の配信を可能にする。

【関連記事】
モバイルアプリ向け動画広告のアドフラウド対策機能を強化 POKKTが「MediaGuard」を導入
イー・ガーディアン、著名人の投稿をリサーチする「ねがれぽ」を開始 キャスティングの炎上リスクを軽減
オロ、富裕層をターゲットとする広告メニューの提供を開始 DSPの選定から施策の実行までを支援
バイドゥ、新広告メニュー「百度LOFT」の提供へ 中国ニーズに合わせたページや動画の制作・掲載を支援
アカツキと小学館集英社プロダクションが共同事業を開始 TikTok発のライツビジネスに取り組む

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/04/05 11:45 https://markezine.jp/article/detail/38726

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング