SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

ソーシャルリスニング2.0 - TwitterからはじめるSNSのデータ活用

信頼性をいかに伸ばすか。UGCが売上につながる仕組みとデータ分析で見つけたい文脈

マーケターが苦手意識を持ちがちなデータへの理解や分析をより身近にするべく、SNSマーケティング支援を展開するホットリンクが成果につながるSNS分析の考え方や正しいデータの見方を解説する本連載。第2回となる本稿は、SNSマーケティングにおける「UGCが売上につながる仕組み」について、データ分析の観点も交えつつ紹介する。

UGCが売上につながる「仕組み」

 前回は、データ分析の観点から、SNS活用における課題を発見しやすくするための「考え方」を紹介しました。繰り返しとなりますが、SNS分析ではフォロワー数やバズといった数値を追いがちですが、売上につながるデータとして「UGC(User Generated Content)=ユーザーによって生成された投稿」を分析するほうが重要です。

 過去にUGCが売上につながった事例が多くあることを簡単に述べましたが、そもそもどのような理由があるのでしょうか? 第2回となる本稿では「UGCが売上につながる仕組み」をデータ分析の観点も交えて解説します。

「UGC数増→指名検索数増→売上増」という相関関係

 商材特性などにもよりますが、ホットリンクの調査では、UGCは指名検索数と相関し、指名検索数は売上と相関していることがわかっています。

画像を説明するテキストなくても可
UGC数・指名検索数・売上の推移を記録したグラフ(画像は一例)

 また、ホットリンクが2021年8月に発表した調査結果からも、あるブランドにおけるTwitter上の会話量が、そのブランドの売上に明確なインパクトをもたらしたことが判明しています(参考:「ホットリンク、Twitterでの会話量の売上高への貢献を調査」)。

 読者の中には、「指名検索」というワードが聞き慣れない方もいるかもしれません。

 指名検索とは、GoogleやYahoo!などのブラウザ検索において、特定のブランド名やワードを検索する行動を指します。これと対になるのは「一般検索」です。

【指名検索と一般検索の一例】

  • 指名検索の検索ワード:「ホットリンク」
  • 一般検索の検索ワード:「SNSマーケティング 企業」

 たとえば、SNSマーケティングについて調べているユーザーがいるとして、漠然と「SNSマーケティング 企業」と調べているユーザーと、「ホットリンク」と指名検索しているユーザーとでは、購買意欲が高い方は明らかに後者でしょう。指名検索数が増えるほど、売上につながっていく可能性も高くなります。

 Yahoo!マーケティングソリューションの調査によれば、「指名検索」と「一般検索」では売上に与える影響力に約10倍の差があるともいわれていることからも、指名検索の重要性がわかるのではないでしょうか(参考:「1番目の指名検索『指名キーワード起点』が新たなブランディング指標に」Yahoo!マーケティングソリューション)。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
指名検索に必要な「質の高い認知」をUGCから獲得する

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ソーシャルリスニング2.0 - TwitterからはじめるSNSのデータ活用連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

辻 元気(ツジ ゲンキ)

株式会社ホットリンクのデータアナリスト。2018年に入社し、ソーシャルリスニングツールのセールス・カスタマーサクセスに従事。現在はSNSの分析を強みに、大手企業アカウントのコンサルティングを複数社経験。ホットリンク社内の分析スキル向上も推進。分析のなかでも、エンタメ業界のトレンド分析が得意。音楽やアニメなど、エンタメ業界に関する社外向けの業界調査リリースなども行う。Twitter:@Genkitsuji01株式会社ホットリンク

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/10/18 07:00 https://markezine.jp/article/detail/40164

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング