SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

イベントレポート

完全撤退から3年「FOREVER21」が日本再上陸!パートナー企業のアダストリアが描く戦略とは

 2009 年に日本へ上陸し、ファストファッションブームをけん引したアメリカ発のファッションブランド「FOREVER21」。2019年に日本から完全撤退した同ブランドが、3年の時を経て日本に再上陸するという。再上陸のパートナーを務めるのは「ローリーズファーム」など30以上のブランドを国内外に展開するアダストリアだ。本稿では2022年9月21日(水)にアダストリア本社で開かれた戦略発表会の内容をレポートする。

日本はキーマーケットだった

 アダストリアは「グローバルワーク」「ニコアンド」「ローリーズファーム」など30以上のアパレルブランドを国内外に1,400店舗も展開している。20~30代向けのヤングカジュアルファッションを得意とし、2023年に創業70周年を迎える老舗企業だ。

 一方のFOREVER21は、1984年にアメリカで創業。2009年に日本へ上陸し、外資系ファッションブームをけん引した。しかしながら2019年、連邦倒産法第11章の適用を申請。それにともない日本からも完全撤退した。

 ところが2020年、アメリカのファッションビジネス専門管理会社であるオーセンティック・ブランズ・グループ(以下、ABG)がFOREVER21を買収。ABGは国際的な知名度を持っていながら財成苦に陥るブランドの復活請負人として知られ、これまで「バーニーズニューヨーク」「ブルックスブラザーズ」「エディーバウアー」などの再起を手掛けてきた。

 FOREVER21の再生を図るにあたり「日本はキーマーケットだった」と語るのは、ABGのバイスプレジデントを務めるケビン・サルター氏だ。「日本はファッション業界において強大な影響力を持っているため、日本での成功を他のマーケットにも広げていけると感じた」と続ける。

オーセンティック・ブランズ・グループ バイスプレジデント ケビン・サルター氏
オーセンティック・ブランズ・グループ バイスプレジデント ケビン・サルター氏

再上陸を手掛けた理由

 ABGはFOREVER21のマスターライセンスを保有する伊藤忠商事からアダストリアの紹介を受け、サブライセンスを提供。アダストリアは新会社のGate Win(ゲートウィン)を設立し、ライセンス事業の展開に備えた。

 アダストリアがライセンス事業に取り組むのは今回が初となる。「グローカル」を海外戦略のコンセプトに掲げ、展開先となる地域と顧客に合わせた商品企画や店舗運営のローカライズを得意とするアダストリア。「当社の編集力を強みに、自社ブランドの展開とは異なる新しいスタイルを確立したい」と語るのは、同社の代表取締役・木村治氏だ。将来的には日本だけでなく、アジア全体におけるライセンス事業の展開も視野に入れているという。

アダストリア 代表取締役社長 木村治氏
アダストリア 代表取締役社長 木村治氏

 なぜアダストリアはライセンス事業の第1弾としてFOREVER21の日本再上陸を手掛けることにしたのか。木村氏がその理由を語る。

「アダストリアが持つ強みと、FOREVER21が持つファッション性および知名度。これらを掛け合わせることにより、FOREVER21を日本のマーケットで再び強いブランドにできると確信したからです。トレンドとハイクオリティが共存するブランドとして、ファッションの楽しさを日本の多くのお客様に届けられると考えました」(木村氏)

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ファンづくりに「STAFF BOARD」を活用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
イベントレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

渡辺 佳奈(編集部)(ワタナベ カナ)

1991年生まれ。慶應義塾大学環境情報学部を2013年に卒業後、翔泳社に新卒として入社。約5年間、Webメディアの広告営業に従事したのち退職。故郷である神戸に戻り、コーヒーショップで働く傍らライターとして活動。2021年に翔泳社へ再入社し、MarkeZine編集部に所属。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/10/06 09:00 https://markezine.jp/article/detail/40174

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング