SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アマゾンジャパン、「Amazon.co.jp 販売事業者アワード2022」発表

 アマゾンジャパンは、「Amazon ECサミット」において、「Amazon.co.jp 販売事業者アワード2022」を発表した。昨年同様、「ご当地の魅力 発信賞」、「Day One賞」、「海外販売賞」などの部門に加え、今年は新たに「最優秀賞」、「Prime Try Before You Buy賞」、「カテゴリー賞」、「Amazon サービス活用賞」の4賞を新設し、合計9部門に55社の販売事業者が選出された。

 同アワードは、顧客満足度や売上、同社が提供する各種サービスの活用度などを指標に選ばれる。

 なお、家電&オフィス用品、ライフ&レジャー、消費財、ファッションの4ジャンルにおいて、最も成功した販売事業者に贈られる、最優秀賞を獲得したのは、「AnkerDirect」、「X-PLOSION」、「BEAMS」、「Yogibo」の4社。

【関連記事】
Amazon、販売支援のツールを強化 顧客のニーズを分析しブランド訴求をサポート
消費者に最も好まれている広告のグローバルメディアブランドはAmazon【KANTAR調査】
クリーク・アンド・リバー社が「C&R出版社プロモーションサポート Amazon Ads」をリリース
コロナ禍前後で10代の3割がAmazon利用頻度増加/利用頻度は月1回が最多に【ウブン調査】
オプト、ECデータ統合プラットフォームの対象に楽天市場を追加 Amazonと同時に分析が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/10/14 08:00 https://markezine.jp/article/detail/40279

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング