SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

三井住友カード、キャッシュレスデータを活用し消費動向を地図上で可視化・分析するサービスの提供を開始

 三井住友カードは、2022年11月1日より消費分析地図サービス「Custella Maps(カステラ マップス)」の提供を開始する。同サービスは、キャッシュレスデータを活用し地図上に属性情報と商圏の購買力・購買頻度を可視化。商圏における顧客理解や出店戦略など、企業のマーケティング課題の解決をサポートする。

 具体的には、購買傾向をヒートマップで表現し商圏における自社のシェア・消費動向の把握や、エリアにおける顧客の実消費データに基づく購買力・購買頻度を基に出退店の判断などに活用できる。

左:購買傾向のヒートマップ、右:エリアのポテンシャルのランキング(クリックして拡大)

 マップ機能に加えて、複数の店舗を一覧で比較できるダッシュボードを搭載。店舗別・業態別などのグループを作成して、商圏や顧客層を一覧で比較分析することが可能だ。なお、分析結果はPDFやCSVの形式で出力できる。

【関連記事】
三井住友カード・住友生命・メディケア生命、デジタル分野において協業 顧客体験の向上へ
三井住友カード、広告配信サービス「stera ads」提供 決済端末を活用し店頭プロモーション可能に
三井住友カード、エリア別で観光客の消費行動を可視化 観光予報プラットフォームへデータを提供
アンケート結果と購買履歴を掛け合わせた分析を実現 三井住友カードとマクロミルがサービスの連携へ
決済端末のビーコン化で機器設置の手間を解消 unerryが三井住友カードに「Stap」を提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/10/25 16:30 https://markezine.jp/article/detail/40389

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング