SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2022年、Z世代が注目したのは?Ado・なにわ男子・ヤクルト1000がランクイン【FinT調査】

 FinTは「Z世代トレンドランキング2022」の各部門の結果を発表した。

クリックして拡大

 以下、一部内容を紹介する。

Adoが2冠 昨年より引き続き話題に

 芸能人部門では目黒蓮が1位となった。テレビドラマ「silent」に主演として出演し、所属グループ「SnowMan」がアーティスト部門にもランクインするなど人気を集めた。

 2位にはSNS上の切り抜きで話題になったなかやまきんに君が、3位はアイドルグループ「なにわ男子」の道枝駿佑がランクインした。

 アーティスト部門では、2021年に続きAdoが1位になった。2位には昨年デビューしたなにわ男子が入り、3位はBTSという結果だった。

 インフルエンサー部門は、アーティスト部門と並んでAdoが1位。2位にはコムドット、3位に平成フラミンゴとYouTubeで主に活動するインフルエンサーが続いた。

SNSで話題のヤクルト1000に注目が集まる

 コト・モノ部門では、2022年4月にアニメ放送が開始したSPY×FAMILYが1位であった。2位には同じく2022年にアニメ放送が始まったチェンソーマンが続き、3位は睡眠の質が改善されるとSNSで話題になったヤクルト1000がランクインした。

 グルメ部門には、コト・モノ部門で3位だったヤクルト1000が1位となった。2位はTikTokで話題を集める地球グミが、3位にはInstagramを中心に投稿が多くなされたカヌレが入った。

【調査概要】
調査時期:2022年11月11日(金)~11月12日(土)
<調査対象:日本国内の15から26歳の男女602名
調査方法:Webアンケート

【関連記事】
FinT、「TikTokプロモーションプラン」の本格提供を開始
FinT、76万フォロワーのインスタメディアSucleでZ世代向け商品企画プランの提供を開始
FinTが、Instagram版MEO対策サービスの提供を開始
FinT、女性のライフスタイル領域におけるUGCを創出するサービス「シュクレポ」の提供を開始
2022年上半期、Z世代のトレンドは「TikTok」「平成ギャル」/下半期流行も予想【Z総研調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/11/30 15:15 https://markezine.jp/article/detail/40676

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング