SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(AD)

同時最大視聴者数4万人超のトップクリエイターが語る「TikTok LIVE」の魅力

 配信者・プラットフォームともに成長著しいライブ配信市場。主要プラットフォームが軒並みライブ配信機能を搭載する中、「TikTok」のライブ配信機能「TikTok LIVE」に注目が集まっている。今回はTikTok LIVEでライブ配信を行うSeKiA!さんと夏絵ココさんを取材。ライブ配信の同時最大視聴者数(2022年10月時点)が4万人を超えるトップクリエイターの2人に、TikTok LIVEの魅力や人気を維持するためのポイントをうかがった。あわせて、TikTok LIVEのクリエイターマネジメントを担当するTikTok Japanの三宅諒さんにも話をうかがうことで、2人のようなスター配信者を輩出するためのナレッジを提示する。

TikTok LIVEは新たな挑戦の場

MarkeZine編集部(以下、MZ):まずは皆様の自己紹介をお願いします。

三宅:TikTok LIVEでクリエイターの窓口を担当しながら、マネジメントもしています。ライブ配信業界での職務経験は6年目です。今日は私がマネジメントを担当しているトップクリエイターのお二人をご紹介します。

TikTok Japan TikTok LIVE クリエイターマネジメント担当 三宅諒氏
TikTok Japan TikTok LIVE クリエイターマネジメント担当 三宅諒氏

SeKiA!:私はTikTok LIVEでコスプレをしながら歌を歌っています。ギターの弾き語りやオーケストラの音源を使ったカラオケ、オリジナル曲の配信などもしています。他のプラットフォームでの活動も含めると、ライブ配信歴は6年目です。

TikTok LIVE クリエイター *☂︎SeKiA!Ꙭ꙳☁︎(sekia2518)
TikTok LIVE クリエイター *☂︎SeKiA!Ꙭ꙳☁︎(sekia2518

夏絵:“無言配信の人”夏絵ココです。視聴者の皆さんが私を見て寄せるコメントを反映したパフォーマンスを配信しています。ライブ配信歴は3年目です。夏絵ココという名前にしてからは1年ほど経ちました。

TikTok LIVE クリエイター 夏絵ココ👒💓無言配信の人(natuecoco)
TikTok LIVE クリエイター 夏絵ココ👒💓無言配信の人(natuecoco

MZ:SeKiA!さんと夏絵さんは、なぜTikTok LIVEでライブ配信を始めることにしたのでしょうか。

SeKiA!:元々TikTokのアカウントで動画を投稿していたんです。トロンボーン演奏を売りにしていたのですが、歌にも力を入れていきたい思っていました。そんな時にTikTok LIVEがスタートすると聞き「ライブ配信で歌にチャレンジしよう」と参加を決めました。

夏絵:私がTikTok LIVEを始めたのは、ほんのいたずら心からです。他のプラットフォームでずっとゲーム配信をしていたのですが、喋ることに疲れてしまって……。そんな時TikTokの動画を何となく眺めていたら、かわいい子たちが踊っていたんです。「この動画、ずっと見ていたいな」と思いました。TikTok動画の尺は15~30秒ぐらいのものが多いので「ライブ配信でもっと長く見ていられたら、みんな癒されるはず」と思い、TikTok LIVE配信を始めることにしました。

1週間でフォロワー10万人増!確かな数の手応え

MZ:SeKiA!さんも夏絵さんも、新たなチャレンジをする場としてTikTok LIVEを選んだということですが、実際始めてみていかがでしたか。

夏絵:視聴者数でいうと、初動で約500人、アベレージで70~100人ぐらいでした。他のプラットフォームで配信をしていた頃のすごく調子が良い回を優に超える数字からスタートしたので、無言配信の手ごたえを感じましたね。もっと皆さんに喜んでもらえるよう、コスプレなどをして世界観を構築していったところ、1,000人、2,000人、さらには1万人と視聴者数が増えていきました。いわゆる“バズ”というものですね。

 私は配信中一切喋らないので、見ている方一人ひとりの想像力が働くのだと思います。配信中はいただいたコメントを受けて「なるほど、そう思われるならこうしよう」とリアルタイムにパフォーマンスをブラッシュアップしています。私たちはこれを“思考実験”と呼んでいるんです。投稿されたコメントを基にコンテンツを作り上げ、皆さんと一緒に楽しみながら配信しています。フォロワー数・総視聴者数ともにどんどん増えている状況です。

SeKiA!:私はTikTok LIVEでウタ(映画「ONE PIECE FILM RED」のキャラクター)のコスプレをして歌ってみたところ、1週間でフォロワーが約10万人増え、配信だけでなくTikTokの通常投稿も多くの方から見てもらえるようになりました。

 視聴者数と同時に認知度も上がったと実感しています。TikTok LIVEを始めてからは、街を歩いていても「ウタちゃんのコスプレをして歌っている人ですか?」と声をかけられるようになったんです。それまでの活動期間ではあまり感じられなかった「ファンの広がり」を感じられるようになりました。

MZ:お2人の話をうかがっていると「次はこうしよう」というトライアンドエラーの姿勢を強く感じます。このような姿勢がフォロワー数や視聴者数といった数字的なインパクトにつながっているのでしょうか。

三宅:間違いなくつながっていると思います。クリエイターとして伸びるか伸びないかは、やるかやらないかにかかっているからです。2人のように、自分で探りながら正解を見つけていく姿勢は非常に大事ですね。

次のページ
YouTubeやTwitterへの流入も促進

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

和泉 ゆかり(イズミ ユカリ)

 IT企業にてWebマーケティング・人事業務に従事した後、独立。現在はビジネスパーソン向けの媒体で、ライティング・編集を手がける。得意領域は、テクノロジーや広告、働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/12/21 15:44 https://markezine.jp/article/detail/40769

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング