SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

D2C、約9,100万人のドコモ会員基盤を活用した広告配信・分析サービスを提供開始

 D2Cは、NTTドコモ(以下、ドコモ)が保有する約9,100万人の会員基盤を活用した新たな広告配信・分析サービスの提供を開始した。

サービスの概要【クリック/タップで拡大】

 D2Cは、NTTドコモ、電通、NTTアド3社による合弁会社。NTTドコモのメディアを中心とした広告事業を展開している。一方ドコモは、約9,100万人の会員基盤上で得られた基地局位置情報やドコモサービスの利用履歴、契約者情報などを横断的に解析し、ユーザー行動を可視化する「顧客理解エンジン」を提供している。

 今回提供を開始したサービスでは、顧客理解エンジンの各種機能を活用している。具体的には、ドコモの基地局位置情報や緯度経度を基にした「エリア指定」や、訪れる人が多い場所をあらかじめドコモ側で登録した「訪問位置推定」によって、特定の場所に訪れたユーザーを捕捉。その人たちにターゲットに絞った広告配信を可能とする。

 あわせて「ddsファンプロファイリング分析」も同時にリリースする。補足したユーザーとドコモの保有データを結びつけることにより、サービスの契約状況や趣味・興味嗜好、アプリ利用、往訪エリアなどの利用者特徴を具体的に可視化。広告配信後は、その広告のコンバージョンユーザーを基にした分析のみならず、潜在顧客の抽出や広告の拡張配信なども可能にする。

【関連記事】
NTTドコモとアクセンチュア、Web3の普及・実装に向け連携に合意 人材育成や社会課題解決を推進
東急、東急百貨店、NTT東日本が合同で映像×AIの販売支援に関する実証実験を開始
キャッシュレス決済利用最多はクレジットカード/選ぶ決め手は「ポイント」【NTTコムオンライン調査】
ドコモ、メタバース事業を拡大 新会社を立ち上げNTTグループのXR事業を推進
NTTBP、フリーWiFiを活用したコンテンツ配信サービス「Wi-Fiポスター」を提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/12/21 11:00 https://markezine.jp/article/detail/40889

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング