SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

京王電鉄ら、渋谷駅構内に自動販売機を設置した実証実験へ AIカメラでデータを収集し駅の価値向上を図る

 京王電鉄とReGACY Innovation Group、KOMPEITO(コンペイトウ)は2023年1月16日(月)より、京王井の頭線渋谷駅構内に自動販売機「SALAD STAND(サラダスタンド)by OFFICE DE YASAI」を設置し、サラダなどを販売する実証実験を開始した。

 京王電鉄と、コンサルティング事業などを展開するReGACY Innovation Groupは、外部企業と共創してオープンイノベーションの実現を目指す「KEIO OPEN INNOVATION PROGRAM」を2022年7月に始動。フードデリバリーサービスなどを手掛けるKOMPEITOは同プログラムに採択された企業の1社だ。

 今回の実証実験では、自動販売機を通じて産直野菜を使用したサラダなどを販売する。これにより、駅構内での新商品の自動販売機ニーズを検証するとともに、自動販売機に付帯設置したAIカメラで購入者の性別や年代、購入データのほか、自動販売機前の往来データを収集。個人が特定できないよう統計データを取得し、商品ラインナップの見直しや適正な販売方法の構築、駅構内のテナント誘致などに活用する。

【関連記事】
CCCマーケティング総研、「道の駅」利用動向調査にTポイントのデータを活用 拓殖大学の取り組みを支援
東急、東急百貨店、NTT東日本が合同で映像×AIの販売支援に関する実証実験を開始
JR東日本、AIカメラによる顧客分析の実証実験を大宮駅の店舗で開始
鎌倉インターナショナルFC、富士見町駅に「デジタルサイネージ型IoT自動販売機」を設置
日経リサーチ、「首都圏の利用商業施設集客力トップ10」発表 ターミナル駅周辺で消費意欲回復の兆し

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/01/16 13:30 https://markezine.jp/article/detail/41016

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング