SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

生活者の9割以上がキャッシュレス決済を利用/コンビニ・ドラッグストアはモバイル決済が多い【電通調査】

 決済領域におけるマーケティング戦略支援を行う「電通キャッシュレス・プロジェクト」は、「生活者のキャッシュレス意識調査」を実施した。

90%以上がキャッシュレス決済の利用経験あり

 はじめにキャッシュレス決済を利用しているかを尋ねると、95.3%が利用した経験がある(よく利用している、利用している、たまに利用、利用したことがあるの合計)と答えた。中でも「よく利用している(43.9%)」と回答した人が最も多く、4割を超えた。

「あなたは、キャッシュレス決済を利用していますか」への回答(単位:%、クリックして拡大)

 また、直近1年間でキャッシュレス決済の回数が増えたかという質問に対しては、過半数(54.5%)が増えたと回答した。

「2022年になってから(直近1年間で)、あなたの日常生活のお支払いやお買い物に占めるキャッシュレス決済の回数は増えましたか」への回答(単位:%、クリックして拡大)

「コンビニエンスストア」「ドラッグストア」ではモバイル決済が多い

 次に、場所やサービスごとに決済手段を調査した。すると、カード決済が最も多いのは「旅館・ホテル・民泊(56.5%)」「百貨店・デパート(45.6%)」「専門店(42.3%)」「スーパー・ショッピングモール(30.8%)」だった。

 一方、「コンビニエンスストア(37.6%)」や「ドラッグストア(31.6%)」ではモバイル決済の比率が高かった。「病院(64.2%)」「タクシー(50.7%)」「商店街(46.0%)」「飲食店(36.6%)」では、現金の比率が最も高い結果となった。

「以下の各々の場所/サービスであなたが決済手段で利用しているものをすべてお知らせください」への回答(単位:%、クリックして拡大)

 続いて決済手段を決めるタイミングを尋ねると、全体の過半数(57.6%)が「お店に入る前から」と回答。中でも「コンビニエンスストア(69.2%)」を利用する時が多かった。

「以下の各々の場所/サービスであなたが決済手段を決めるのは、どのタイミングですか」への回答(単位:%、クリックして拡大)

キャッシュレス決済利用者は、お金の管理への意識が高い

 最後に、お金の管理や貯蓄に対する意識を調べた。その結果キャッシュレス決済をよく利用する生活者のうち約7割が、「私はお金の管理が得意なほうだ(Aに近い、どちらかといえばAに近いの合計・68.4%)」と回答した。また「私はお金を貯めるのが上手なほうだ(Aに近い、どちらかといえばAに近いの合計)」と答えた人は6割以上(60.4%)であり、いずれもキャッシュレス利用者のほうが高い傾向が見られた。

「あなたは、以下の『お金』に関する各項目について、どのような意識をお持ちですか。AとBのどちらに考えが近いかお知らせください」への回答(単位:%、クリックして拡大)
「あなたは、以下の『お金』に関する各項目について、どのような意識をお持ちですか。AとBのどちらに考えが近いかお知らせください」への回答(単位:%、クリックして拡大)

【調査概要】
調査手法:インターネット調査
調査時期:2022年12月12日(月)~12月15日(木)
調査対象:全国20~69歳の男女500人(人口構成に基づきウェイトバック集計を実施)
調査会社:電通マクロミルインサイト

【関連記事】
電通、「マイパーパス策定プログラム」の提供を開始 東京大学・堀越耀介氏が実践する「哲学対話」を活用
電通、2022年の日本の広告費を発表 総広告費が過去最高に/インターネット広告費は3兆円を超える
電通とセガ エックスディー、企業向けにブランド公式ゲームの開発が行えるサービスをメタバース上で提供
電通、デジタル販促の効果予測システム「SP COMPASS」を提供 企業ごとにカスタマイズも可能に
店頭での支払い方法「スマホ決済派」が58%/2020年以降で初めて現金派を超える【LINE調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/03/10 16:30 https://markezine.jp/article/detail/41630

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング