SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

BOOKS

どのフレームワークをどこで使うべき?1から10まで、マーケティングの進め方を解説【お薦めの書籍】

 マーケティングの知識・理論・フレームワークは学ぶだけでなく、いかに実践的なツールとして活用できるかが重要です。しかし、マーケティング活動を行ううえで、まず担当者がすべきこととは何なのでしょうか? 本記事では、マーケティング活動における各フェーズですべきことと、必要な理論やフレームワークを解説した書籍を紹介します。

マーケティング理論を実践で活用するには?

 今回紹介する書籍は『実施する順に解説!「マーケティング」実践講座』(日本実業出版社)。著者はSONYやサントリー、雪印などの商品開発や広告・販促キャンペーンを手掛け、「ノートパソコン」の名付け親でもある弓削徹氏です。現在は、大学でマーケティング論の授業を行う他、中小機構・中小企業アドバイザーなどを務められています。

『実施する順に解説!「マーケティング」実践講座』弓削徹(著)日本実業出版社 2,200円(税込)
『実施する順に解説!「マーケティング」実践講座』弓削徹(著)日本実業出版社 2,200円(税込)

 マーケティング領域では、日々様々な知識・理論・フレームワークが提唱されています。

 しかし、それらを断片的に学ぶだけでは、実際にそれぞれの企業が様々な状況で対面する「等身大の課題」の解決に活用するのは困難です。一方で知識や理論の土台なく経験や実践を重視した方針では、効率性や客観性に欠けたマーケティング施策にリソースを重ねるだけになってしまいます。

 では、マーケティングの知識や理論を実践的なツールに変えていくためには、どのようにしたらいいのでしょうか。

マーケティング全体の流れをつかむ

 本書で弓削氏は、マーケティング活動の大まかな流れをつかむことの重要性を説いています。初めに全体像を理解することで、デティールにこだわるあまり手段が目的化してしまう「木を見て森を見ず」な状態を避けることができるのです。

 「マーケティング活動とは、終わることなくスパイラルに上昇しつづける連環のようなもの」と弓削氏は表現し、一連の流れを以下のように示しました。

書籍内の図をもとに編集部作成
書籍内の図をもとに編集部作成

フレームワークを使い「マーケティング活動の山」を登る

 全体の流れを理解することができた後に、「事業全体の戦略」と「マーケティング活動の目的」を明確化し、各フェーズの戦略やより細かな戦術を練っていくことが必要です。その中で、様々な理論やフレームワークを活用していきます。

 自社分析・顧客分析・市場分析など、課題やフェーズに合ったフレームワークを活用することで、マーケティング活動を有利に進めることができると弓削氏。商材やビジネスモデルによって多少の変動はあるものの、最適な活用ができれば大きな失敗のリスクを減らすことができるのが、フレームワークの価値であるといいます。

 弓削氏はフレームワークの使いどころを、登山に例えて解説しました。「社会環境や市場などの外部」の登山道ではPEST分析(Politics:政治・法律的要因、Economics:経済的要因、Society:社会・文化的要因、Technology:技術的要因)や3C分析など、「自社」の登山道ではSWOT分析やSTP分析などが挙げられます。マーケティング活動の山を登りながら、やがて2つの道は合流。販路開拓を行い、ビジネスの成功である頂上を目指していくのだと語りました。

 さらに本書では、マーケティング戦略の設定から商品・事業の企画開発、市場調査、プロモーション、販売、ブランドや企業価値の向上までの一連の流れを、順を追ってそれぞれ解説。マーケティング活動における全体の流れを捉えつつ、各フェーズで何をすべきかがわかる一冊となっています。

 知識やフレームワークをどこでどう使うべきか迷っている方、明日から実務で活用できるマーケティング書籍を探している方は、ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
BOOKS連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

吉永 翠(編集部)(ヨシナガ ミドリ)

大学院卒業後、新卒で翔泳社に入社しMarkeZine編集部に所属。学生時代はスポーツマーケティングの研究をしていました。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/06/23 08:00 https://markezine.jp/article/detail/42574

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング